サーバ仮想化 SDS/ストレージ仮想化 VMware

vSphereとvSANに最新版--vMotionの暗号化を強化、NVDIMMに対応

サーバ仮想化ソフトウェアの新版「VMware vSphere 6.7」とストレージ仮想化ソフトウェアの新版「VMware vSAN 6.7」が発表された。「管理の大幅な簡素化と効率化」「シームレスなハイブリッドクラウド」などの特徴がある。

 ヴイエムウェアは4月18日、サーバ仮想化基盤ソフトウェアの新版「VMware vSphere 6.7」とストレージ仮想化ソフトウェアの新版「VMware vSAN 6.7」を発表した。2019年第1四半期(5月4日)までに提供する。米本社ストレージ製品担当バイスプレジデントのLee Caswell氏は「HTML5で日常運用を簡素化し、統合したダッシュボードはすべてのキャパシティやパフォーマンスチェックが容易だ」と新製品をアピールした。

 昨今のITインフラは従来型に加えて、3Dグラフィックや深層学習、人工知能(AI)など多様なアプリケーション要件が求められる。さらに管理対象もデータセンター運用にとどまらず、クラウドやエッジにわたる広範な実行環境におよぶ。また、ビジネスの阻害要因となるセキュリティも担保しなければならない。

 これらの諸条件に対応したvSphere 6.7とvSAN 6.7は、「管理の大幅な簡素化と効率化」「包括的な組み込み型セキュリティ」「万能なアプリケーションプラットフォーム」「シームレスなハイブリッドクラウド」と4つの特徴を持つ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2883文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]