IoT VR・AR 3Dプリンタ ドローン ロボット

世界ICT市場、2021年の支出額は5兆6000億ドル以上に--新技術が成長をけん引

IDCは、世界ICT市場に関する調査結果を発表した。それによると、2021年の支出額は5兆6000億ドルを上回るという。

 IDCは、世界ICT市場に関する調査結果を発表した。それによると、2021年の支出額は5兆6000億ドルを上回るという。新たに登場してきた技術に対する投資が、市場拡大の相当部分を占め、成長をけん引するとみている。

 IDCは、モノのインターネット(IoT)ソリューション、ロボットおよびドローン、拡張現実(AR)および仮想現実(VR)ヘッドセット、3Dプリンタといった技術分野を「新たな第3のプラットフォーム」と呼び、2021年には総ICT支出の23%に達すると予想。一方、クラウド、モバイル、ビッグデータおよび分析、ソーシャルの「4本柱」(IDC)を含む、デジタルトランスフォーメーションの加速につながる「第3のプラットフォーム」(IDC)は、全体の70%以上になる見通し。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「IoT」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]