NoSQL ETL DWH マップアール・テクノロジーズ

SBI、グループのデータ分析基盤にMapR採用--52サイトの行動履歴などを集約

SBIホールディングスは、グループ全体のデータ管理基盤に「MapR Converged Data Platform」を採用。34社の広告データ、52サイトのアクセスログなどの履歴情報や顧客情報などを集約している。

 証券・銀行・保険といった金融サービス事業を中心に多角的なビジネスを展開するSBIホールディングスは、グループ全体のデータ管理基盤に統合データ分析基盤「MapR Converged Data Platform」を採用した。ウェブアクセスや広告配信、フォーム入力などの履歴データ、購買履歴や顧客情報の事業データなど、多様なデータを効率よく管理、活用していく。4月23日、マップアール・テクノロジーズが発表した。

 近年、各種サービスの利用者数が大きく伸び、2018年3月時点で延べ2200万人を超えたというSBIグループ。膨大かつ多様なデータをさまざまな施策に活用すべくデータサイエンティストを積極的に採用し、2012年には社長室にビッグデータ解析のためのグループ横断的な組織体制を立ち上げたが、グループで使用していたデータ管理基盤では1日あたり数十Gバイトを収集する金融系のデータに追随できず、効率のよいデータ管理、活用が大きな課題となっていたという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約549文字 ログインして続きを読んでください。

「NoSQL」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ホワイトペーパーランキング

  1. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  2. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  3. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  4. クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット
  5. サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]