データ分析

位置データ利用のベストプラクティス--小売業の売上向上に結び付けるには

モバイルデバイスの位置データは、顧客の購買傾向の把握に役立てることが可能だ。こうした情報を駆使して売り上げアップを実現する3つの方法を紹介する。

 現在、米国の小売業界ではオンライン商取引と実店舗のオペレーションの双方で積極的にアナリティクスを取り入れようとしている。時にイノベーションが遅いとされる同業界でこの動きが起こっている大きなきっかけは、Amazonが2017年にWhole Foodsを買収したことだ。この買収は従来の小売業者にとって脅威となるだろう。過去には安全な市場とされていたこの業界に、新たな競争のプレッシャーがかかるためだ。

 「小売業者はようやく目を覚まし、これまで収集し利用してきた第一者データ以外にも豊富なデータがあると気づき始めている」と、モバイルマーケティング会社Reveal Mobileの最高経営責任者を務めるBrian Handly氏は語る。「より多くのデータへと触手を伸ばし、他の積極的な小売業者に立ち向かおうとしている。情報に対する方向性はいくつかあるが、そのひとつに位置データがある」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1569文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. 組織やチームを活性化させる「ハドルルーム」! 活用するうえで欠かせないポイントとは?
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. マルチクラウド環境で最適なバックアップを!急成長のVeeamの特徴をイチから理解する

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]