人事・労務 日本オラクル

Oracle Workforce Rewards:人材を引き付けて全体最適化を図る酬管理サービス

報酬管理SaaS「Oracle Workforce Rewards Cloud」は、人材を引き付けて維持する組織の報酬構造と差別化された処遇管理を狙う。公平、効果的に報いる給与プログラムなどで人材獲得競争を有利に展開する。

Oracle Workforce Rewards Cloudのポイント

  • グローバルとローカルの給与プログラムのそれぞれを設計
  • ミッションや目標にあった福利厚生プログラムを組織で管理
  • 給与管理プロセスが正確かつ効率的であることを保証

Oracle Workforce Rewards Cloudの製品解説

 日本オラクルの「Oracle Workforce Rewards Cloud」は、差別化された処遇管理と組織の報酬構造で人材を引き付けて維持するための報酬管理のクラウドサービス。インセンティブ報酬を戦略全般と連携させ、販売行動に影響を及ぼせるという。

編集部おすすめの関連記事

 数が無制限の報酬プランを分析、モデル化して予算を策定する。経営幹部や管理職、スタッフが基本給やインセンティブ、株式特典などを含む報酬の体系を理解可能。評点や目標達成度、その他の指標を報酬の計算に組み込むことで能力給の文化を強化させられる。

 ダッシュボードやチェックリスト、セルフサービスなどを活用して給与管理を合理化可能。国ごとの給与処理と税金体系、法定控除などのローカライゼーションに対応。給与処理の全て、あるいは部分を外部に委託する場合でもコントロールできる。

 報酬プロセスも自動化できる。新しいイニシアティブや生産性向上ツールの利用、分析などからインセンティブ管理コストを削減しながら、セールスパフォーマンスの向上を狙う。データをリアルタイムに分析して効果の高い営業活動を判別して、利益の最大化を図る。パイプラインの中の商談での潜在的な収益を可視化して企業目標との整合性を確保する。

Oracle Workforce Rewards Cloudのまとめ
用途と機能報酬管理クラウドサービス
特徴数が無制限の報酬プランを分析、モデル化して予算を策定。ダッシュボードやチェックリスト、セルフサービスなどを活用して給与管理を合理化。新しいイニシアティブや生産性向上ツールの利用、分析などからインセンティブ管理コストを削減しながら、セールスパフォーマンスの向上を狙う

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]