運用 野村総合研究所

Senju/ASM:機械学習活用した自律型ITサービス管理--未知の障害にも未然対応

ITサービス管理ソフトウェア「Senju/ASM」は、システムや利用者、運用担当者、外部ベンダーへの依頼状況などから集まる膨大な情報を機械学習してナレッジ化して活用する。

Senju/ASMのポイント

  • 過去の類似の対応履歴とマッチングして、未知の障害にも未然に対応
  • イベントを継続的に分析して将来の変化を予測
  • レコメンドやナレッジの有効度をフィードバックして継続的に改善

Senju/ASMの製品解説

 野村総合研究所の「Senju/ASM(Autonomous Service Manager)」は、システムからのメッセージや稼働履歴などに加え、利用者からの要求や運用担当者の対応履歴、外部ベンダーへの依頼状況などの膨大な情報を活用するITサービス管理ソフトウェア。

編集部おすすめの関連記事

 システムや利用者からの情報を集約し、機械学習を用いて特徴的な単語の一致度や前後イベントとの相関を分析することで障害対応のレコメンドや運用ノウハウのナレッジ化を実施。これにより、過去の類似の対応履歴とのマッチングによる未知の障害への未然対応、システムからのイベントの継続的な分析による将来の変化予測、インシデントの傾向分析による、積極的なITサービス管理支援などを実現する。

 サービスデスク、高度メッセージフィルタリング、ダッシュボードなどでITサービス管理のベストプラクティスである「ITIL(Information Technology Infrastructure Library)」、国際的な標準規格である「ISO 20000」(Information Technology Services Management System:ITSMS)で求められる運用プロセスと、業務効率化、運用品質向上などにも効果を発揮する。

Senju/ASM
用途と機能機械学習を活用したITサービス管理ソフトウェア
特徴機械学習で特徴的な単語の一致度や前後イベントとの相関を分析することで障害対応をレコメンド、運用ノウハウをナレッジ化。システムからのイベントを継続的に分析して将来の変化を予測、インシデントの傾向を分析

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]