開発ツール キヤノンITソリューションズ

ウシオ電機、工場のデータ一元管理にウェブアプリ自動生成ツール活用

ランプなどを開発、提供するウシオ電機は、工場で生成されるデータを分析するためにデータウェアハウスを開発した。アプリケーション自動生成ツール「Web Performer」を活用した。

 プロジェクタ用ランプやLED、照明など光に関した応用製品、産業機械を開発、提供するウシオ電機は、工場の生産性や製品の品質を向上させるため、工場で生成されるデータを一元管理するデータウェアハウス「EagleEye」を構築した。キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)が提供するウェブアプリケーション自動生成ツール「Web Performer」も活用し、工期を大幅に短縮したという。キヤノンITSが4月18日に発表した。

 紙やExcelで管理されていた工場内に散在するデータの一元管理、集計から、各工程データへのひも付け、作業者が人手で入力する検査結果の自動判定や入力値チェックなど、一連の業務をシステム化。EagleEyeに蓄積されたデータをビジネスインテリジェンス(BI)ツールで分析することで工場の改善活動につなげているという。一部の製品ライン向けシステムだが、他製品ラインでも同様の取り組みを展開していく。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]