勤怠管理・労務管理 富士通エフサス

富士通エフサス、残業抑止ソフト新版--勤怠データとPC利用履歴を一覧表示

富士通エフサスは長時間労働やサービス残業を抑止するソフトの最新版の提供を開始。勤怠データとPCの利用履歴を一覧で表示したり、部下からの残業申請を否決する際にコメント入力したりできる機能が追加されている。

 富士通グループの富士通エフサスは4月17日、長時間労働やサービス残業を抑止するソフトウェアの最新版「FUJITSU Software IDリンク・マネージャー V2」の提供を開始した。「実働時間把握ダッシュボード」などの機能を追加し、勤務状況の可視化や分析が可能になる。

 ダッシュボードには、勤怠・就業システムの記録と、IDリンク・マネージャーで収集するPCの利用履歴、入退室履歴などを一覧で表示。残業時間やPC利用状況などのログレポーティング機能も提供し、組織ごとや社員ごとに勤務状況の把握や比較、実績に基づいた当月の時間外予測ができる。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]