人材管理 日本オラクル

Oracle Talent Management Cloud:従業員の意欲を高めるタレントマネジメント

SaaS型タレントマネジメントシステム「Oracle Talent Management Cloud」は人材の雇用や育成を最適化し、従業員のパフォーマンスを強化。ラーニングエクスペリエンスで人材を最大限に活用する。

Oracle Talent Management Cloudのポイント

  • 人材の雇用に要する時間を短縮
  • 人材育成をサポート
  • パフォーマンス管理を最適化

Oracle Talent Management Cloudの製品解説

 日本オラクルの「Oracle Talent Management Cloud」は、従業員の意欲を高め、従業員体験を向上させることを狙ったSaaS型タレントマネジメントシステム。人材獲得、パフォーマンス管理、タレントマネジメント、ラーニングといった機能を利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 人材獲得では、要する時間を短縮するために、従業員による紹介やソーシャルマーケティングで候補者を探す。採用の段階では、応募者の募集から選考、採用までを効率的に展開。入社後は、ガイド付きのプロセスフローや進捗状況の追跡などの機能で適切な人事計画が立てられるという。

 パフォーマンス管理は、従業員が有意義な目標を設定して共有。進捗状況を継続的に追跡する。複数のソースから従業員の働き具合などの情報を取得して包括的に把握する。

 タレントマネジメントでは、従業員個人の関心やスキル、不足している要素を把握して育成目標とキャリアプランニングに生かせる。従業員ごとに役割や成長を遂げるためのツールをマネージャーと共有する。

 リーダーが人材のライフサイクルをエンドトゥエンドで管理できる対話型ツールを活用すれば、人材プールを評価して最適化できる。後任者を管理する機能も提供される。

 ラーニングでは、もともとある学習コンテンツを取り込んだり編集ツールを活用したりして学習コンテンツを開発可能。学習コンテンツをパーソナライズして複数の受講者に対応させることもできる。企業のニーズにあわせて指導教育プログラムや配置ローテーションなどのカリキュラムを構築できる。

Oracle Talent Management Cloudのまとめ
用途と機能SaaS型タレントマネジメントシステム
特徴従業員が有意義な目標を設定して共有、進捗状況を継続的に追跡する。従業員個人の関心やスキル、不足している要素を把握して育成目標とキャリアプランニングに生かせる
税別価格(月額)
人材獲得:従業員あたり600円
ラーニング:ユーザーあたり240円
タレントマネジメント:960円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]