情報漏えい対策 PC

レノボ、テレワーク特化保険対応PC--情報漏えい時の損害を500万円まで補償

レノボ・ジャパンは、テレワークに特化した保険を付帯するPCを販売する。情報漏えいなどの損害補償金や弁護士費用などを最高500万円まで補償する。

 レノボ・ジャパンは4月13日、東京海上日動火災保険(東京海上日動)の「特定危険担保特約付帯サイバーリスク保険」(テレワーク保険)を付帯した「あんしんテレワークPC」を発表した。テレワーク時などにPCを紛失し、情報漏えいした際の損害賠償金や各種対応費用を補償する。

 ビジネス向けノートPC「ThinkPad」シリーズの一部に自動付帯する保険となり、保険会社との別途の手続きは不要。ThinkPad販売パートナーを通して、4月17日から受注を開始する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約831文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan