暗号化 セキュリティ

アップル「FileVault 2」で暗号化されたデータを復旧するには

自社の「Mac」コンピュータでアップルの「FileVault 2」を有効化した企業は、それらのデバイスのディスク全体を暗号化することができる。ここでは、FileVault 2で暗号化されたボリュームのロックを解除して、ディスク上の保護されたデータにアクセスする3つの方法を解説する。

 一般に、データの暗号化は、データ(特に、不正にアクセスされたデータや内部の脅威アクターにこっそり盗まれたデータ、完全に悪人たちの手に渡ってしまったデータ)の中身を読まれるのを防ぐ重要な一時しのぎの対策とみなされている。それにもかかわらず、標的になったデータが最初から暗号化されていれば被害を軽減できたかもしれない攻撃が最近多発していることに、筆者は驚きを禁じ得ない。

 幸い、一部の組織は自らのユーザーのコンピュータ向けに既に暗号化を実装済みだ。自社の「Mac」コンピュータでAppleの「FileVault 2」を有効化した企業は、それらのデバイスのディスク全体を暗号化することができる。データは、保存されている間は強力な暗号化方式で保護される。IT部門がそのデータにアクセスしたり、そのデータを復旧したりすることが必要になったら、以下のような疑問が生じる。どうすれば、そのデータにアクセスしたり、復旧したりできるのか。IT部門とユーザーのどちらが暗号化スキームをセットアップしたのか。もっと重要なのは、この問題を緩和して、保護されたデータにアクセスするのに、どのようなオプションを利用できるのか、という疑問だ。

 FileVault 2で暗号化されたボリュームのロックを解除して、ディスク上の保護されたデータにアクセスする3つの方法を以下で紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1930文字 ログインして続きを読んでください。

「暗号化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]