資産管理 日立製作所

JP1/IT Desktop Management 2:セキュリティも含めてIT資産を一元管理

IT資産管理ソフトウェア「JP1/IT Desktop Management 2」は、PCやサーバ、仮想デスクトップやスマートデバイスなどのハードウェアやソフトウェアの情報に加えてセキュリティ情報なども自動収集して一元管理する。

JP1/IT Desktop Management 2のポイント

  • ネットワーク経由でハードウェアやソフトウェアの情報を自動収集
  • 離れた場所にあるクライアントPCにトラブルが発生した場合、遠隔で操作
  • 管理対象ではないPCのネットワーク接続も拒否

JP1/IT Desktop Management 2の製品解説

 日立製作所の「JP1/IT Desktop Management 2」は、IT資産管理ソフトウェア。クライアントPCやサーバだけでなく、仮想デスクトップやスマートデバイスなどのハードウェアやソフトウェアに加えてセキュリティ情報なども自動収集し、一元管理する。

編集部おすすめの関連記事

 ネットワーク経由でハードウェアやソフトウェアの情報を自動収集する。スマートデバイスやネットワークに接続されていない機器の情報を追加してIT資産として一元管理する。クライアントPCのOSやメモリ、ハードディスクの容量などのスペック情報、IPアドレスやMACアドレスなどのネットワーク情報、利用者や部署などの情報も収集する。

 インストールしているソフトウェアやWindowsストアアプリの名称やバージョン、インストールした日付などの情報も収集する。収集した情報の中に禁止したいソフトウェアやWindowsストアアプリを発見した場合は一覧画面から禁止ソフトウェアを設定する。

 既存のIT資産管理台帳の情報を取り込み、自動収集した機器やソフトウェアの情報、契約種別や契約期間などの契約情報とあわせて一元管理する。ソフトウェアの保有ライセンス数や消費ライセンス数、残りなども表示してライセンス違反していないことを証明できる。

 新規に追加されたハードウェアを登録したり、既存機器の管理元を変更したりするだけでIT資産情報をいつでも最新の状態に保って棚卸業務を効率化できる。

 離れた場所にあるクライアントPCにトラブルが発生した場合、現場に行かずに遠隔で操作できる。必要なファイルやデータを接続先のPCとやり取りしたり、作業記録を録画して後でほかの利用者にレクチャーしたりもできる。

 スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスから情報を収集して、コンピュータと一緒に管理可能。アプリケーションのインストールやパスコードのリセットなどの操作も管理者側からできる。

 クライアントPCのセキュリティ状況をチェックできる。ウイルス対策ソフトウェアや必要なソフトウェアの配付とインストール、Windows更新プログラムの適用状況などを確認、対処できる。

 USBメモリへのコピーやウェブサイトへのファイルアップロード、メールへのファイル添付などの情報漏えいリスクも検知する。印刷を許可していないクライアントPCでの印刷抑止、使用を禁止しているソフトウェアの起動抑止なども可能。管理対象ではないPCのネットワーク接続も拒否できる。


JP1/IT Desktop Management 2のまとめ
用途と機能セキュリティ情報なども自動収集して一元管理するIT資産管理ソフトウェア
特徴既存のIT資産管理台帳の情報を取り込み、自動収集した機器やソフトウェアの情報、契約種別や契約期間などの契約情報とあわせて一元管理。スマートデバイスから情報を収集して、コンピュータと一緒に管理。クライアントPCのセキュリティ状況をチェックする
税別価格(管理対象にスマートデバイスを含まない)
105万円(100台まで)、375万円(500台まで)
(管理対象にスマートデバイスを含む)
115万円(100台まで)、385万円(500台まで)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]