プロジェクト管理

野村IR、顧客向けシステム構築で「Backlog」活用--プロジェクトを可視化

野村インベスター・リレーションズは顧客企業に導入するCMSの構築でプロジェクト管理ツール「Backlog」を活用している。複数プロジェクトの同時進行とミスコミュニケーションの解消を狙っている。

 投資家向け広報(IR)で活用されるコンテンツ管理システム(CMS)「ShareWith」を開発、提供する野村インベスター・リレーションズ(野村IR)は、顧客の各プロジェクトごとの進捗状況と課題を管理するため、プロジェクト管理ツール「Backlog」を活用している。4月13日、Backlogを開発、提供するヌーラボが発表した。

 従来はプロジェクト管理にコミュニケーションに特化したスレッド型のグループウェアを採用していた野村IR。情報が流れてしまう、確認漏れが発生するなど、インターフェースに課題を感じていた。ミスコミュニケーションが発生し、対応が2日後になってしまうこともあったという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約614文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]