AI・機械学習

デロイト トーマツ、RPAに自然言語処理を活用--自動化業務の拡大狙う

デロイト トーマツ コンサルティングは、RPAに自然言語処理技術を活用した新サービスの提供を開始した。自動化できる業務の範囲の拡大を狙う。

 コンサルティング業務を手がけるデロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は、ロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation:RPA)に自然言語処理技術を活用したサービス「Robotics & Cognitive Automation(R&CA)」の提供を4月13日に開始した。自動化可能な業務を拡大することで、業務効率化、企業の働き方改革を支援する。

 R&CAは、業務プロセスを人に代わって自動化するRPAと、認識技術や自然言語解析技術、学習機能などを備え、自然な日本語で対話できる自然言語解析エンジン「COTOHA」を活用。チャットなどの対話の中からCOTOHAが必要な情報を読み取り、システムへの投入までを一気通貫で実施する。情報が不足する場合もCOTOHAが自発的に質問して、人間が所定の様式に合わせて情報を入力する必要がなくなるという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan