運用管理 日立製作所

JP1/Performance Management:低下を事前検知してくれる性能監視ツール

性能監視ツール「JP1/Performance Management」は、OSや仮想環境、データベースなどさまざまな監視対象から稼働情報を収集する。稼働状況と蓄積された過去の稼働実績データが時系列で比較表示して相対的に評価できる。

JP1/Performance Managementのポイント

  • 稼働状況と蓄積された過去の稼働実績データが時系列で比較表示
  • ほかの管理ツールで取得した稼働情報も合わせて一元的に管理
  • エージェント監視とエージェントレス監視を混在させた運用が可能

JP1/Performance Managementの製品解説

 日立製作所の「JP1/Performance Management」は、OSや仮想環境、データベース、各種アプリケーションといったさまざまな監視対象から稼働情報を収集する性能監視ツール。パフォーマンス低下の事前検知やチューニングに役立つレポート出力などでシステムの安定稼働を支援する。

編集部おすすめの関連記事

 オンプレミスとパブリッククラウドの両環境に対応しており、監視対象が多岐にわたっていても、それぞれの監視専用ツールを使わずに効率良く監視できる。システムの稼働状況と蓄積された過去の稼働実績データが時系列で比較表示されるため、これらの情報を相対的に評価することが可能。将来ボトルネックになりそうな箇所を特定でき、勘に頼らないキャパシティプランニングが進められる。

 サーバで稼働しているアプリケーションのプロセスやWindowsサービスの死活状況、プロセスごとの稼働情報に加え、ほかの管理ツールで取得した稼働情報も合わせて一元的に管理することが可能。定義済みのテンプレートが標準提供されており、すぐに監視を始められる。

 クイックガイド画面で表示された説明文を参照すると実運用に合わせた警告条件や異常条件などの設定を変更できる。エージェント監視とエージェントレス監視を混在させた運用が可能なので、対象となるサーバの重要度に応じて使い分けられる。

 エージェントレス監視は、稼働中のシステムにすぐ監視を始められる。監視対象サーバに負荷をかけたくない場合に適している。エージェント監視は、対象サーバの稼働状況をきめ細かく監視可能。ネットワークの切断時や稼働性能監視マネージャーの停止時でも監視を継続できる。

JP1/Performance Managementのまとめ
用途と機能さまざまな監視対象から稼働情報を収集する性能監視ツール
特徴稼働状況と蓄積された過去の稼働実績データを時系列で比較表示して相対的に評価。定義済みのテンプレートを標準提供。エージェント監視とエージェントレス監視を混在させた運用が可能
JP1/Performance Management価格
製品名税別価格
Manager40万円
Remote Monitor for Platform37万円
Remote Monitor for Virtula Machine37万円
Remote Monitor for Oracle27万円
Remote Monitor for Microsoft SQL Server10万円
Agent Option for Platform27万円
Agent Option for Service Response37万円
Agent Option for Oracle37万円
Agent Option for Microsoft SQL Server27万円
Agent Option for HiRDB27万円
Agent Option for Enterprise Applications47万円
Agent Option for Application Server27万円
Agent Option for Microsoft Internet Informaiton Server17万円
Agent Option for Microsoft Exchage Server27万円
Agent Option for IBM Lotus Domino27万円
Agent Option for Transaction System27万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]