マーケティング 日本オラクル

Oracle Maxymiser:データ分析でパーソナライズできるコンテンツ最適化サービス

コンテンツ最適化サービス「Oracle Maxymiser」は、ウェブサイトのコンテンツのテスト&最適化、モバイルアプリを最適化して、その分析結果をコンテンツ表示に自動で反映。パーソナライズしたコンテンツを表示させる。

Oracle Maxymiserのポイント

  • 1行のコードでA/Bテストから複雑な多変量テストまでが可能
  • CRMやDMP、ウェブ解析ツールとデータを統合可能
  • 顧客行動をリアルタイムに分析した結果をコンテンツ表示に自動で反映

Oracle Maxymiserの製品解説

 日本オラクルの「Oracle Maxymiser」は、ウェブサイトでのコンテンツのテスト&最適化、モバイルアプリを最適化して、分析結果をコンテンツ表示に自動で反映させるクラウドサービス。パーソナライゼーションに必要な機能を備えている。

編集部おすすめの関連記事

 1行のコードを追加するだけで、A/Bテストから複雑な多変量テストまでを可能にし、ウェブサイトの最適化に威力を発揮。複数のチャネルを横断して顧客行動をリアルタイムに分析し、その結果をコンテンツ表示に自動で反映できる。これにより、顧客の嗜好や購入意向を把握しながら、常に顧客に寄り添ったコンテンツの提供が可能だ。

 内部の顧客情報管理システム(CRM)や外部のデータマネジメントプラットフォーム(DMP)、ウェブ解析ツールとデータを統合可能。収集可能なファーストパーティやセカンドパーティ、サードパーティのデータを取り込める。リアルタイムのセッションデータを加えて、精度の高い顧客プロファイリングと正確なパーソナライゼーションを実現できるという。

 自動化することで「コンテンツのテストから、オーディエンスごとに最適化された体験の提供」までにかかる期間やリソースを削減できる。最適化の精度を高め、サイクルをスピードアップできるほか、あらゆるマーケティングデータを集約できる、どんな要件にも柔軟に対応できる、簡単かつスピーディーに利用を開始できる、といった特徴も備えている。

Oracle Maxymiserのまとめ
用途と機能個人ごとにパーソナライズできるコンテンツ最適化サービス
特徴1行のコードでA/Bテストから複雑な多変量テストまでが可能。社内外のデータを統合してリアルタイムのセッションデータを加えて分析して、コンテンツが自動でパーソナライズされる

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan