運用管理 プライベートクラウド IaaS NEC

WebSAM vDC Automation:プールして一元管理、構築手順を自動化する運用管理

「WebSAM vDC Automation」はITリソースを一元管理して、利用者へ提供する際の構築プロセスや運用を自動化することが可能。ネットワークリソースのオーケストレーションに限定された「WebSAM Network Automation」も用意されている。

WebSAM vDC Automationのポイント

  • リソースの利用状況の管理を自動化し、リアルタイムに空き状況を把握
  • 業務で仮想マシンを利用するのに必要な設定を自動化
  • 仮想サーバに必要なVMテンプレートやミドルウェアなどは共有ストレージで管理

WebSAM vDC Automationの製品解説

 NECの「WebSAM vDC Automation」は、物理サーバや仮想サーバ、ストレージ、ネットワークといったリソースをプール化して一元管理して、利用者に提供する際の構築プロセスや運用を自動化する。リソースを有効活用するとともに管理コストを効率化させる。

編集部おすすめの関連記事

 既存資産も含めたマルチベンダー環境のサーバ、ネットワーク、ストレージなどの各種リソースを一元化し、リソースプールとして管理する。これによって予約済み、未使用、実利用といったリソースの利用状況の管理を自動化し、リアルタイムに空き状況を把握できるため、利用効率を向上させ、在庫を最小化することが可能となる。

 リソースプールを部門や業務ごとに「サブリソースプール」として分割し、一定範囲を上限とする管理権限を与えることも可能になっており、部門ごとにリソースを保有しているように活用できる。

 仮想マシンを構築したり物理マシンを割り当てたりするだけでなく、ストレージの割り当て、ネットワーク設定からアプリケーションのインストールや監視設定まで、実際に業務で仮想マシンを利用するのに必要な設定を自動化する。

 リソースの管理者が設定などの作業をせずに切り出すと、同時に利用者は業務で活用できるようになる。NECが検証した自動化の手順(プロビジョニングシナリオ)を提供。実用的な構成シナリオを利用できる。

 OpenFlow技術を実装した同社の「UNIVERGE PF」シリーズと連携することで、ソフトウェアでネットワークを制御する“SDN”の仕組みも取れ、仮想サーバと仮想ネットワークを集中制御できる。これにより、サーバ、ストレージのほかネットワークの構築や運用も自動化が可能だ。

 仮想化機能を持つファイアウォールやロードバランサの設定、仮想サーバ生成、ストレージ割り当ての自動化、複数データセンター間のネットワークをSDN化することで地域を越えたデータセンター間でのリソース融通、災害復旧(DR)運用などの自動化も可能だ。

 システム全体を統合監視する機能も備えており、サイレント障害の検知や障害時の影響範囲の特定、対処の自動化などが可能。仮想サーバ構築に必要な仮想マシンのテンプレートやOSのパッチ、ミドルウェアなどは共有ストレージで一元管理が可能。広域、分散データセンター間で共有できる。どのデータセンターからでもプロビジョニングできるなど、管理コストを軽減する機能も利用できる。

 ネットワークリソースのオーケストレーションに限定された「WebSAM Network Automation」ライセンスも用意されている。マルチベンダー環境でのシステムにも導入可能なため、OpenFlowと既存ネットワークが混在したシステムでも運用を自動化できる。

WebSAM vDC Automationのまとめ
用途と機能ITリソースをプール化して一元管理して、利用者に提供する際の構築プロセスや運用を自動化
特徴リソースの利用状況の管理を自動化し、リアルタイムに空き状況を把握して在庫を最小化することが可能。リソースの管理者が設定などの作業をせずに切り出すと、同時に利用者は業務で活用できる。サイレント障害の検知や障害時の影響範囲の特定、対処の自動化などが可能
税別価格※保守を含む月額料金
vDC Automationエージェント基本ライセンス:3万9900円~
vDC Automation Standard Editionライセンス:2万4167円
Network Automation基本ライセンス:4万278円~
Network Automationデバイスライセンス:8万556円~
※一括売り切り
vDC Automationエージェント基本ライセンス:99万円~
vDC Automation Standard Editionライセンス:60万円
Network Automation基本ライセンス:100万円~
Network Automationデバイスライセンス:200万円~

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]