RPA

日本取引所グループ、RPA全面導入--業務300以上を自動化、プロセスも見直し

日本取引所グループ(JPX)は2018年4月から全社的にRPAを導入する。市場監視業務や各種申請業務を中心とする300を超える業務を対象に、業務プロセスの見直し、オペレーションの高度化を進めていく。

 東京証券取引所や大阪取引所などを傘下に持つ日本取引所グループ(JPX)は、2018年4月から全社的にロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation:RPA)ツール「UiPath Platform」を導入する。4月9日、ソフトウェアを提供するUiPathが発表した。

 市場監視業務や各種申請業務を中心とする300を超える業務を対象に、業務プロセスの見直し、オペレーションの高度化を進めていく。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]