標的型攻撃対策 富士通

Systemwalker Security Control:マルウェア検知と実践知で攻撃に迅速に対処

標的型攻撃対策製品「Systemwalker Security Control」は、マルウェア検知製品と富士通内部での実践知を組み合わせ、サイバー攻撃に対処する。運用シナリオによる対処機能、インシデント管理機能などを備えている。

Systemwalker Security Controlのポイント

  • 大量のアラートを監視し、リスクレベルを判定
  • 運用シナリオに従って、社内資産情報と連携
  • インシデントの対処実施状況を可視化

Systemwalker Security Controlの製品解説

 富士通の「Systemwalker Security Control」は、マルウェア検知製品と富士通で蓄積された運用実践知を組み合わせて、サイバー攻撃に迅速に対処するソフトウェア。攻撃手口に対応した対処作業を標準化、自動実行することでスキルのばらつきやヒューマンエラーによる運用リスクを抑え、対処品質が向上できる。

編集部おすすめの関連記事

 検知製品からの大量のアラートを監視し、リスクレベルを判定。対処が必要なアラートに対して、ネットワーク通信の遮断など迅速に初動対処を開始する。リスクは侵入したマルウェアが放置される時間とともに増大するが、攻撃者の活動開始までに初動対処することで、情報漏洩や感染拡大のリスク、対処コストを低減させる。

 具体的な機能としては、富士通がセキュリティ運用の実践知を活用した対処手順を「運用シナリオ」として提供。この運用シナリオに従って、社内資産情報(人、機器)と自動または手動で連携する。検知製品から通知されたアラートに対しては、切り分けた上で対処が必要なアラートをインシデントとして管理する。

 各インシデントの対処実施状況を可視化することで脅威への対処の実施をナビゲートするほか、インシデントの進捗状況を管理し、対処完了までをフォローする。「SupportDesk Standard」契約があれば、製品購入後も新しい攻撃手口に対応する切り分けや対処の実践知、検知製品の更新への対応などが運用シナリオとして継続的に提供される。

Systemwalker Security Controlのまとめ
用途と機能マルウェア検知製品と運用実践知を組み合わせた標的型攻撃対策製品
特徴攻撃手口に対応した対処作業を標準化、自動実行。大量のアラートを監視し、リスクレベルを判定。インシデントの進捗状況を管理し、対処完了までをフォロー
税別料金2376万円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. アプリプロジェクトを成功させるには?マーケターが把握しておきたいアプリ企画~開発まで

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]