コミュニケーション

「Microsoft Teams」入門--機能の拡充と連携が進むMSのコラボレーションハブ

「Microsoft Teams」は、グループワークの簡素化を目的に設計されたチャットおよびコミュニケーションプラットフォームだ。マイクロソフトの各種サービスとの連携が進んでおり、ユーザー数を伸ばしている(2018年4月9日公開、2020年5月18日更新)。

 Microsoftのチャットおよびコミュニケーションプラットフォーム「Microsoft Teams」は、登場こそ「Slack」よりやや後だったが、「Microsoft 365」と統合されているため、他にはない切り札となる機能をいくつか備えている。

 この入門記事では、Microsoft Teamsに関する情報を簡潔にまとめて紹介する。

概要

  • どんなものなのか:Microsoft 365のサブスクライバー向けのチャットおよびコミュニケーションプラットフォームであり、グループワークの簡素化を目的に設計されたものだ。
  • どのように使うのか:チャットベースのコミュニケーション機能を備えているほか、他のMicrosoftサービスとの統合により、ユーザーはファイルや予定表の共有、共同編集が可能で、ボイスチャット、ビデオチャット、テキストチャットを簡単に切り替えられる。
  • 誰が影響を受けるのか:クラウドベースMicrosoft 365スイートのサブスクライバーなら、大半の人がTeamsを利用できる。
  • いつから、どこで利用できるのか: Microsoft 365の顧客向けに提供されており、93の言語と方言がサポートされている。
  • どうすれば利用できるのか:Microsoft 365を使用している大半の組織で、デフォルトで有効になっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5610文字 ログインして続きを読んでください。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]