IoT

デジタル化で新収益--IoTがもたらす製造業の“サービス化”の可能性

製品を納入した後もセンサなどで製品の状態を分析するなどして製品のユーザー企業にサービスを提供しようという“サービタイゼーション”の動きが見えつつある。

 あらゆるモノがインターネットにつながるIoTで製造業の事業形態が変わろうとしている。従来は、製品を製造して販売したらそれで終わり、というのが製造業が基本事業だった。だが、製品を納入した後もセンサなどで製品の状態を分析するなどして製品のユーザー企業にサービスを提供しようという“サービタイゼーション”の動きが見えつつある。

 統合基幹業務システム(ERP)パッケージなどを開発、提供する、スウェーデンのIFSのグローバルインダストリーソリューション部門バイスプレジデントのAntony Bourne氏が「なぜ今サービタイゼ―ションなのか:デジタルシフトで付加価値を」というテーマで3月15~16日に開催されたイベント「ガートナー エンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット2018」で語った。

 IFSが実施したデジタルトランスフォーメーション(変革)に関する調査によれば、業種別の取組度合いは航空業界(44%)、建設&エンジニアリグ(39%)、製造業(29%)、保守・サービス(23%)、石油&天然ガス(19%)が上位5業種となる。全業種平均は31%であることを踏まえると、石油&天然ガス業界は原油価格という問題から積極的な取り組みに至っていないものの、「投資できない環境においても、(19%の)デジタル変革を展開する企業が存在する」(Bourne氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2064文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  2. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  3. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]