ネットワーク 運用 NEC

WebSAM Network Flow Analyzer:通信量の内訳を可視化して性能劣化を把握

ネットワークフロー可視化ツール「WebSAM Network Flow Analyzer」はNetFlow/sFlowのフロー情報を収集し、詳細な内訳を可視化する。ポート番号だけでは区別できないアプリケーションでも詳細に区別して分析できる。

WebSAM Network Flow Analyzerのポイント

  • ネットワーク利用状況の内訳を把握
  • 必要な情報のみを表示して詳細分析を効率化
  • 拠点や部署ごとの通信状況を分析可能

WebSAM Network Flow Analyzerの製品解説

 NECの「WebSAM Network Flow Analyzer」は、トラフィックを分析し、ネットワークフローを可視化するツール。トラフィックの詳細情報を収集する技術「NetFlow」を活用したNetFlow/sFlowフローコレクタ。従来のSNMPでは見ることができなかった、誰がどこ宛に何の通信をどれくらいしているのか、という通信量の内訳を可視化する。

編集部おすすめの関連記事

 NetFlowはプロトコルで言えばIP、収集するフローは全フロー。対するsFlowはIPのほかにIPX、XNSなどのプロトコルに対応し、収集するフローはサンプリング。その分ネットワークにかける負荷は、sFlowの方がNetFlowよりも小さいとされている。

 収集したNetFlow/sFlowのフロー情報は、折れ線グラフや円グラフで表示できる。折れ線グラフでは通信量、宛先や送信元、カンバセーション、IPプロトコル、アプリケーションなどの観点から、円グラフではIPプロトコル、アプリケーションの観点から分析でき、ネットワークの負荷要因などを把握できる。

 グラフやカレントアラートリストを用途にあわせて自由に選択、配置できるダッシュボード機能を備えており、担当業務に必要な情報のみに絞り込んで表示することも可能。分析目的に応じて複数のダッシュボードを作成し、切り替えながら分析することもできる。

 アプリケーションやIPプロトコル、宛先や送信元などのフロー情報に対して、しきい値で監視できるため、深刻な障害が発生する前にパフォーマンス劣化を検知できる。しきい値超過のアラートは、ダッシュボードのウィジェットやイベント一覧に通知させることが能だ。

 宛先や送信元、IPアドレスとポート番号の組み合わせにより、アプリケーション名を定義できる。これによって、ポート番号だけでは区別できないアプリケーションでも、詳細に区別して分析できる。また、エンドポイントのIPアドレスや複数インターフェースをグルーピングすることもできるため、拠点や部署ごとの通信量や通信アプリケーションの内訳なども分析できる。

 過去の詳細データをCSV形式で出力するフローデータ出力コマンドも搭載する。このコマンドは、cronなどから呼び出すことで分析レポート作成のもとになるデータを定期的に生成したり、外部運用管理ソフトからの呼び出しにより、インシデント発生時の通信状況やイベントの詳細を自動保存したりなどの目的でも運用できる。

WebSAM Network Flow Analyzerのまとめ
用途と機能トラフィックを分析し、ネットワークフローを可視化
特徴誰がどこ宛に何の通信をどれくらいしているのか、という通信量の内訳を可視化。深刻な障害が発生する前にパフォーマンス劣化を検知。ポート番号だけでは区別できないアプリケーションでも、詳細に区別して分析できる
税別価格58万円(基本ライセンス20インターフェース)、90万円(基本ライセンス50インターフェース)、ほか
導入企業愛媛銀行など

「ネットワーク」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]