開発ツール

「Raspberry Pi 3 Model B+」の特徴や今後の展望--Raspberry Pi財団E・アプトン氏に聞く

初代モデルから1800万台以上の販売台数を記録している人気の小型ボード「Raspberry Pi」の共同開発者であるE・アプトン氏が、最新モデル「Raspberry Pi 3 Model B+」の特徴や、今後の展望について語ってくれた。

 Eben Upton氏は、何百万台もの販売台数を記録している35ドルの「Raspberry Pi」の共同開発者である。Upton氏は2016年、大掛かりな改良を加えない限り、この小型コンピュータからさらに絞り出せる能力はほとんど残っていない、と述べた。

 蓋を開けてみると、このボードには、まだ利用されていない潜在能力が当初の想定より多く残されていた。英国時間3月14日、これまでで最も強力なPiである「Raspberry Pi 3 Model B+」が発表されたからだ。

 Upton氏はRaspberry Pi 3 Model B+について、「Raspberry Pi 3.5」のようなものであり、2016年の「Raspberry Pi 3 Model B」から世代が変わったというほどの飛躍的な進化はないが、性能とWi-Fi速度がかなり向上した強化モデルである、と説明している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4900文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan