運用管理 NEC

WebSAM SigmaSystemCenter:物理と仮想を区別なく一元管理する統合基盤管理

統合基盤管理ソフトウェア「WebSAM SigmaSystemCenter」物理環境と仮想環境の区別なく、稼働状態の把握や電源のオンオフなどを一元管理。仮想マシン配置の最適化が可能。予備サーバを用意し、障害時には自立的に復旧できる。

WebSAM SigmaSystemCenterのポイント

  • 物理環境と仮想環境を統合管理
  • 仮想環境のリソース、仮想マシン配置を最適化
  • 障害時にも自立復旧が可能

WebSAM SigmaSystemCenterの製品解説

 NECの「WebSAM SigmaSystemCenter」は、物理環境と仮想環境を一元管理できる、統合基盤管理ソフトウェアだ。物理環境と仮想環境の区別なく、各リソースの稼働状態の把握や電源のオンオフ、マシンの増設などを一元的に管理できる。

編集部おすすめの関連記事

 ハイブリッドクラウド管理機能を搭載し、オンプレミス環境だけでなくパブリッククラウドの管理も一元的に行える。vSphere、XenServer、Hyper-Vに対応、異なる仮想基盤が混在した環境でも利用できる。

 仮想マシンを最適に配置する機能も備える。仮想化ホストや仮想マシンの稼働率を監視し、可能な限り少数の仮想マシンサーバに、適正負荷の範囲で業務を自動的に集約する。

 余剰サーバはシャットダウンされるため省電力で運転できる。仮想マシンを構成するCPUやメモリ、ディスクなどのリソースはプールとして一元管理されるので、必要なリソースを効率的に使用できる。

 システムの保守管理については、仮想マシンの過去の配置や状態の変更タイミングをグラフィカルに表示するタイムライン機能を備えており、任意の時点を選択すれば、仮想マシンをその時点の配置に戻すことが可能だ。リソースと仮想環境、運用グループといったシステム構成を一元的に表示できるトポロジ機能では、障害箇所とその障害が影響する範囲を即座に把握できる。

 1個の予備サーバを用意するN+1リカバリシステムを採用。サーバの故障時には、故障サーバを自動的に切り離して予備サーバに切り替え、業務停止時間を最小に留められる。障害時に予備サーバに業務定義を自動適用し、ネットワーク経由でSANブートすることで自律的に復旧できる。

 管理可能なマシン台数などの規模や利用できる機能に違いのあるBasic、Srandard、Enterpriseの3つのエディションと、小規模向けのパック製品が用意される。

 Basicが管理できるマシンは8台まで、クラスタ構成には対応していない。BasicとStandardは同じ機能が搭載される。Standardは100台まで管理可能、仮想環境を管理する場合は別途仮想サーバ管理オプションが必要。Enterpriseは管理台数の制限がない、仮想サーバ管理オプションが含まれている。

WebSAM SigmaSystemCenterのまとめ
用途と機能物理環境と仮想環境を一元管理できる統合基盤管理ソフトウェア
特徴vSphere、XenServer、Hyper-Vに対応、異なる仮想基盤が混在した環境でも利用。可能な限り少数の仮想マシンサーバに、適正負荷の範囲で業務を自動的に集約。余剰サーバはシャットダウンされるため省電力で運転
税別価格Basic:40万円、Standard:80万円、Enterprise:360万円、ほか
導入企業鈴与システムテクノロジー、福島県中央計算センター、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「顧客の今」がなぜビジネスに貢献するのか - HBR調査で見る「リアルタイムアナリティクス」の効果
  2. リモートワーク許可はすでに4割超え!? 意外な結果から見えてきた、働き方改革で本当に必要なもの
  3. マンガで綴るシステム運用自動化への道~あの企業はいかにして情シス部門の残業を激減させたのか?
  4. 導入担当SEが語る クラウドシフトで後悔しないために、事前に確認すべきこととは?
  5. 漏洩事件の3割、ウェブアプリへの攻撃が糸口に!?脅威トップ10を知り有効な対策を

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]