運用 富士通

Systemwalker Cloud Business Service Management:AI活用のITサービス管理支援

ITサービス管理支援ソフトウェア「Systemwalker Cloud Business Service Management」は、AI技術を活用して問い合わせやトラブルへの対応を迅速化する。

Systemwalker Cloud Business Service Managementのポイント

  • 問い合わせへの回答候補を自動で絞り込み、文章の間違った箇所を指摘
  • システムリソースの使用状況がいつもと違う箇所を異常候補として提示
  • 変更管理やナレッジ管理、要求実現、インシデント管理、問題管理を支援

Systemwalker Cloud Business Service Managementの製品解説

 富士通の「Systemwalker Cloud Business Service Management」は、ITサービスの運用を効率化する運用管理ソフトウェア。人工知能(AI)技術「Human Centric AI‘Zinrai’」を活用する。

編集部おすすめの関連記事

 ITサービス管理機能と運用分析ダッシュボード機能でAI技術を活用する。

 サービスデスク担当者は、自然文検索技術でシステム利用者からの問い合わせの受付時に回答候補が自動で絞り込まれる。問い合わせに回答する時に、文章校正技術でワンクリックで文章を校閲し、間違った箇所を指摘する。

 運用分析ダッシュボード機能では、アノマリ検知技術でシステムリソースの使用状況がいつもと違う箇所を異常候補として提示。どこから調査したらいいかを絞り込むことで迅速に対応できる。

 ITサービス管理のベストプラクティスである「ITIL(IT Infrastructure Libraty)」に準拠。変更管理やナレッジ管理、要求実現、インシデント管理、問題管理といった範囲をサポートする。

 利用者からの問い合わせや監視ツールからのイベントなど全てのインシデントを記録する。インシデントの過去事例を参照可能。システムで発生した問題の根本原因を調査して解決策を記録する。解決策の情報を共有、横展開することでインシデントを未然に防止するようにする。

 利用者からの作業依頼などのサービス要求を記録する。繰り返し依頼される定型作業はあらかじめ設定しておくことで短時間で対応可能。システムの変更に必要となる申請から評価、審議、実施、レビュー、完了までの作業が記録される。インシデント管理や問題管理などで蓄積したノウハウを組織知として管理、共有することでナレッジを管理する。

Systemwalker Cloud Business Service Managementのまとめ
用途と機能AI技術を活用するITサービス管理支援ソフトウェア
特徴ITILに準拠、変更管理やナレッジ管理、要求実現、インシデント管理、問題管理を支援。ITサービス管理機能と運用分析ダッシュボード機能でAI技術を活用
税別料金基本ライセンスパック:759万4400円~

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]