運用 富士通

Systemwalker Cloud Business Service Management:AI活用のITサービス管理支援

ITサービス管理支援ソフトウェア「Systemwalker Cloud Business Service Management」は、AI技術を活用して問い合わせやトラブルへの対応を迅速化する。

Systemwalker Cloud Business Service Managementのポイント

  • 問い合わせへの回答候補を自動で絞り込み、文章の間違った箇所を指摘
  • システムリソースの使用状況がいつもと違う箇所を異常候補として提示
  • 変更管理やナレッジ管理、要求実現、インシデント管理、問題管理を支援

Systemwalker Cloud Business Service Managementの製品解説

 富士通の「Systemwalker Cloud Business Service Management」は、ITサービスの運用を効率化する運用管理ソフトウェア。人工知能(AI)技術「Human Centric AI‘Zinrai’」を活用する。

編集部おすすめの関連記事

 ITサービス管理機能と運用分析ダッシュボード機能でAI技術を活用する。

 サービスデスク担当者は、自然文検索技術でシステム利用者からの問い合わせの受付時に回答候補が自動で絞り込まれる。問い合わせに回答する時に、文章校正技術でワンクリックで文章を校閲し、間違った箇所を指摘する。

 運用分析ダッシュボード機能では、アノマリ検知技術でシステムリソースの使用状況がいつもと違う箇所を異常候補として提示。どこから調査したらいいかを絞り込むことで迅速に対応できる。

 ITサービス管理のベストプラクティスである「ITIL(IT Infrastructure Libraty)」に準拠。変更管理やナレッジ管理、要求実現、インシデント管理、問題管理といった範囲をサポートする。

 利用者からの問い合わせや監視ツールからのイベントなど全てのインシデントを記録する。インシデントの過去事例を参照可能。システムで発生した問題の根本原因を調査して解決策を記録する。解決策の情報を共有、横展開することでインシデントを未然に防止するようにする。

 利用者からの作業依頼などのサービス要求を記録する。繰り返し依頼される定型作業はあらかじめ設定しておくことで短時間で対応可能。システムの変更に必要となる申請から評価、審議、実施、レビュー、完了までの作業が記録される。インシデント管理や問題管理などで蓄積したノウハウを組織知として管理、共有することでナレッジを管理する。

Systemwalker Cloud Business Service Managementのまとめ
用途と機能AI技術を活用するITサービス管理支援ソフトウェア
特徴ITILに準拠、変更管理やナレッジ管理、要求実現、インシデント管理、問題管理を支援。ITサービス管理機能と運用分析ダッシュボード機能でAI技術を活用
税別料金基本ライセンスパック:759万4400円~

「運用」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]