セキュリティ

ハイテク企業にセキュリティと民主主義の尊重を求める意味

ロシアのプロパガンダやフェイクニュースでFacebookが悪用されたという事実はどのような意味を持っているのか――。大学などで政治やテクノロジ、人工知能などを議論しているGarry Kasparov氏が考察した。

 2016年の米国大統領選挙へのロシアの干渉に関して、特別検査官Robert Mueller氏の捜査によって、さらなる事実が明るみとなった。SNSを通じ、米国の既存の党派間の緊張を刺激するというロシア政府の企みは、数百万ドル規模の高度なオペレーションによって実現したのもので、その結果、2月には13人のロシア国民と3つの企業が起訴されている。

 ハイテク生活の危険性について言及する記事が頻繁にニュースの見出しを飾っているが、それが単なるヒステリーなのか、それとも脅威の高まりであるのかを見極める必要がある。

 自動運転車による初の死亡事故と同じ日には、調査会社が投票者5000万人以上の個人情報を収集したことで、Facebookが批判の矢面に立たされた。アリゾナ州での歩行者の死亡事故はもちろん悲劇であり、本件は、最新技術の急成長の裏に失敗や危険がつきまとうのが世の常であることをわれわれに思い出させてくれる。

 しかし、われわれやわれわれの社会がハイテク環境で直面する脅威との関連という点では、Facebookのニュースやすでに明らかとなっている、ロシアのプロパガンダやフェイクニュースによる同プラットフォームの悪用の方がはるかに重要な意味を持っている。

 サービスの対価としてユーザーの個人情報を交換することは、現代社会では極めて一般的である。今回のFacebook関連のニュースに関してだが、これは技術的なデータへの不正アクセスではなく、ビジネスモデルの問題である。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4508文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]