PaaS サイボウズ 富士通エフサス

朝日新聞社、販売情報共有システム稼働--5000ユーザーが活用

朝日新聞社は、新聞販売所や支援会社などで販売情報を共有するシステムを稼働させた。5000ユーザーが活用する。モバイルにも対応する。

 朝日新聞社は、販売情報共有システム「ASAネットシステム」を刷新した。富士通エフサスが発表した。4月2日から本番稼働を開始し、朝日新聞社の本社をはじめ、全国の新聞販売所、支援会社間で約5000ユーザーが使用する。双方向コミュニケーションの強化、検索性の向上、モバイル対応と、今後の業務変化や追加ニーズに柔軟に応えるシステムを実現し、販促支援プロセスのスピードアップと品質向上、業務効率アップに貢献する。

 ユーザーニーズの多様化により新しい時代に向けた進化の必要性を捉えた朝日新聞社は、今回のシステム刷新の基盤としてサイボウズのPaaS「kintone」を採用。kintoneのポータル上で本社から登録された各種情報の閲覧や通知の確認などができるようになり、企業を跨いだタイムリーな情報共有と手軽なコミュニケーションが可能となった。また、販促品発注や読者問い合わせ共有などの機能により、販促支援プロセスのスピードアップと品質向上を図る。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]