クラウドサービス

「Googleカレンダー」大好き人間が勧める徹底活用ハック2018年版(1)

グーグルの無料スケジュール管理ツール「Googleカレンダー」でスケジュール管理の効率を上げ、仕事の合理化につながる3つの便利技を紹介する。

 無料のスケジュール管理ツールの中で、一番知られているのは「Googleカレンダー」だと思う。それでもアップデートし続けるGoogleカレンダーには、人々の間で意外と知られていない機能や使い方が存在する。スケジュール管理の効率を上げ、仕事の合理化につながる3つのGoogleカレンダー便利技を紹介する。

1.「1コマ30分」をデフォルトにして、各予定の密度を濃くする

 人は世間の常識や思い込みに縛られて生きている。自分はわりと柔軟な考え方をするほうだと思っていても、凝り固まった思考をしているものだ。たとえば、会議や打ち合わせといえば、1時間がデフォルトだと思っていないだろうか。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1467文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan