RPA

RPA導入を成功に導く--期待された効果を得る3つのヒント

The Hackett Groupによると、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)について、アーリーアダプターの多くは初期の取り組みをより大規模なプログラムに変えることに難しさを感じているという。ここでは、RPA導入を成功に導くための3つのヒントを紹介する。

 The Hackett Groupが先頃発表した報告書によると、ロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation:RPA)には、事業運営のコストや品質、生産性、速度を大幅に改善する潜在的可能性があるという。

 アナリストらは約5年前にRPAの調査を開始しており、報告書によると、このテクノロジは迅速な導入が可能で、実装やサポートに関して、IT部門への依存度も軽減するという。RPAは最大60%~80%の節約を実現する、と主張するベンダーもある。RPAは人間の行う仕事につきもののミスも減らすことが可能なので、企業はより価値の高いタスクに人の能力を割り当て直すことができる、と報告書は指摘した。

 報告書によると、初期のイニシアチブはバックオフィスのパフォーマンス改善に一定の成功を収めたが、このテクノロジは大きな学習曲線を伴うという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1420文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]