運用 日立製作所

JP1/TELstaff AE:システム障害を自動通知、時間などで手段を自動で変更

障害通知ソフトウェア「JP1/TELstaff AE Professional Edition」は、運用中に発生した障害や問題をさまざまな手段で通知する。カレンダーや時間帯に応じて通知先や通知手段を自動的に変更できる。

JP1/TELstaff AE Professional Editionのポイント

  • 平日、休日など通知手段の使い分けが可能
  • 同一障害の通知を抑制して見逃しを防止
  • 通知に使う機器の稼働も監視

JP1/TELstaff AE Professional Editionの製品解説

 日立製作所の「JP1/TELstaff AE Professional Edition」は、システム運用中に発生した障害や問題をさまざまな手段でリアルタイムに通知するソフトウェア。処理の異常終了やネットワーク障害などを運用管理ソフトウェアで検知した障害や問題を自動で通知する。

編集部おすすめの関連記事

 カレンダーや時間帯に応じて通知先や通知手段を自動的に変更できる。平日の昼間は職場のパトロールランプを点灯、休日や夜間は管理者と保守担当者に電話とメールで通知するなどが可能。交代制や自宅待機など緊急時の体制にあわせて柔軟に運用できる。

 企業ごとやシステムごとに通知方法、通知先、通知順を連絡網にまとめられる。一時的な通信障害などが発生して通知できなかった場合は、通知を繰り返すことも可能。連絡網のうち、通知できなかった一部の通知先への再通知、連絡網全体への再通知もできる。

 電話やメールで通知された担当者が応答したかどうかを確認できる。通常の連絡網で応答を確認できない場合、別の担当者に代替通知することで通知の見落としや通知不可状態による対応の遅れを防止できる。

 通知手段によって通知内容を変えたり、処理の異常終了やネットワーク障害などの通知内容によって、通知先や通知手段を変えたりできる。「JP1/Integrated Management」で検知したイベントの内容をメール本文に記載して通知したり、電話で通知したりも可能。

 また、同一障害の通知を抑制して通知数を減らすことで、別で発生した障害通知などの見逃しを防止する機能を搭載。パトロールランプやメールサーバ、音声合成モデムなど通知に使う機器の稼働も監視する。

JP1/TELstaff AE Professional Editionのまとめ
用途と機能システム運用中に発生した障害や問題をさまざまな手段でリアルタイムに通知
特徴カレンダーや時間帯に応じて通知先や通知手段を自動的に変更。一時的な通信障害などが発生して通知できなかった場合は、通知を繰り返す。電話やメールで通知された担当者が応答したかどうかを確認
税別価格通知先ユーザー数が300で56万4000円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「顧客の今」がなぜビジネスに貢献するのか - HBR調査で見る「リアルタイムアナリティクス」の効果
  2. リモートワーク許可はすでに4割超え!? 意外な結果から見えてきた、働き方改革で本当に必要なもの
  3. マンガで綴るシステム運用自動化への道~あの企業はいかにして情シス部門の残業を激減させたのか?
  4. 導入担当SEが語る クラウドシフトで後悔しないために、事前に確認すべきこととは?
  5. 漏洩事件の3割、ウェブアプリへの攻撃が糸口に!?脅威トップ10を知り有効な対策を

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]