PaaS ガートナージャパン

何よりもアジリティ--注目されるPaaSとサーバレスの未来を考える

企業を取り巻く外部環境の変化は加速度を増している。ビジネスの速度にあわせるためにPaaSが注目されている。俊敏性が求められるからだ。PaaSは今後、どのような方向に進んでいくのかが語られた。

 アプリケーション開発の基盤としてPaaSが注目されている。特に、顧客接点を強化するためのシステム“Systems of Engagement”を新たに開発する際に、その迅速性からPaaSに対する期待は高まっている。加えて、サーバを意識することなく、何らかのイベントが発生した時にシステムが稼働する“サーバレス”アーキテクチャも、従来はなかったものとして注目されるようになっている。

 PaaSやサーバレスは現在どのように活用され、今後どのように展開していくのか――。

 3月15~16日に開催されたイベント「エンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット2018」で米Gartnerのフェローでありバイスプレジデントを務めるYefim Natis氏が「サーバレス・プラットフォームとPaaS:デジタルビジネスのプラットフォーム・アーキテクチャにおける主要トレンド」と題した講演で語った。

 クラウドプラットフォームの主要トレンドとして、Natis氏は(1)PaaS、xPaaS、メガPaaS、(2)「プラットフォームとしてのクラウド」の連続した選択肢、(3)サーバレス、(4)高生産性vs高制御性、(5)IoTとエッジ、(6)イベント駆動型、(7)統合の必要性、(8)市場――という8つのキーワードを掲げた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2523文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan