PaaS ガートナージャパン

何よりもアジリティ--注目されるPaaSとサーバレスの未来を考える

企業を取り巻く外部環境の変化は加速度を増している。ビジネスの速度にあわせるためにPaaSが注目されている。俊敏性が求められるからだ。PaaSは今後、どのような方向に進んでいくのかが語られた。

 アプリケーション開発の基盤としてPaaSが注目されている。特に、顧客接点を強化するためのシステム“Systems of Engagement”を新たに開発する際に、その迅速性からPaaSに対する期待は高まっている。加えて、サーバを意識することなく、何らかのイベントが発生した時にシステムが稼働する“サーバレス”アーキテクチャも、従来はなかったものとして注目されるようになっている。

 PaaSやサーバレスは現在どのように活用され、今後どのように展開していくのか――。

 3月15~16日に開催されたイベント「エンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット2018」で米Gartnerのフェローでありバイスプレジデントを務めるYefim Natis氏が「サーバレス・プラットフォームとPaaS:デジタルビジネスのプラットフォーム・アーキテクチャにおける主要トレンド」と題した講演で語った。

 クラウドプラットフォームの主要トレンドとして、Natis氏は(1)PaaS、xPaaS、メガPaaS、(2)「プラットフォームとしてのクラウド」の連続した選択肢、(3)サーバレス、(4)高生産性vs高制御性、(5)IoTとエッジ、(6)イベント駆動型、(7)統合の必要性、(8)市場――という8つのキーワードを掲げた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2523文字 ログインして続きを読んでください。

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]