PaaS ガートナージャパン

何よりもアジリティ--注目されるPaaSとサーバレスの未来を考える

企業を取り巻く外部環境の変化は加速度を増している。ビジネスの速度にあわせるためにPaaSが注目されている。俊敏性が求められるからだ。PaaSは今後、どのような方向に進んでいくのかが語られた。

 アプリケーション開発の基盤としてPaaSが注目されている。特に、顧客接点を強化するためのシステム“Systems of Engagement”を新たに開発する際に、その迅速性からPaaSに対する期待は高まっている。加えて、サーバを意識することなく、何らかのイベントが発生した時にシステムが稼働する“サーバレス”アーキテクチャも、従来はなかったものとして注目されるようになっている。

 PaaSやサーバレスは現在どのように活用され、今後どのように展開していくのか――。

 3月15~16日に開催されたイベント「エンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット2018」で米Gartnerのフェローでありバイスプレジデントを務めるYefim Natis氏が「サーバレス・プラットフォームとPaaS:デジタルビジネスのプラットフォーム・アーキテクチャにおける主要トレンド」と題した講演で語った。

 クラウドプラットフォームの主要トレンドとして、Natis氏は(1)PaaS、xPaaS、メガPaaS、(2)「プラットフォームとしてのクラウド」の連続した選択肢、(3)サーバレス、(4)高生産性vs高制御性、(5)IoTとエッジ、(6)イベント駆動型、(7)統合の必要性、(8)市場――という8つのキーワードを掲げた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2523文字 ログインして続きを読んでください。

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]