バックアップ Veritas Technologies

ベリタス、データ保護で専用機--ソフト制御で設計、コンテナ活用

ベリタステクノロジーズはデータ保護専用機「Veritas Flex」「Veritas Access」の販売を開始。ソフトウェア制御ストレージ(SDS)で設計し、コンテナを活用している。

 ベリタステクノロジーズは3月29日、4月から始まる2018年度の事業と製品戦略の説明会を開催。新たにコンテナ技術を採用したデータ保護専用機(アプライアンス)「Veritas Flex 5340アプライアンス」「Veritas Access 3340アプライアンス」を4月2日から市場へ投入し、データセンターからクラウドまでをカバーするマルチクラウド環境で長期的なデータ保存とアーカイブを容易に実現するという。代表執行役員社長の大江克哉氏は3年後の2020年までに「売り上げを2倍に押し上げる」と目標を語った。

 データ保護ソフトウェア市場における2016年度の国内シェア22%(アジアは25%)を誇るベリタスは、今後主流になるデータ管理方法について、「2020年には非構造データが構造化データを上回り、マルチクラウドを駆使したデータを中心に経営する時代へ」(大江氏)進むと予見する。その変化に対応するため同社は「これまでは『データ保護ソフトナンバーワン』だが、これからは『マルチクラウドのデータ管理ナンバーワン』を国内市場で目指す」(大江氏)という。

 マルチクラウド時代での顧客のデータ活用を支援するため、「データの保護と活用」「ストレージの最適化」「デジタルコンプライアンス対策」を基軸に、パートナー協業を強化する「エンタープライズビジネス」、アプライアンス、ソフトウェア制御ストレージ(SDS)、クラウド、コンサルティングと「4つの(ビジネス)エリアに注力」する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1980文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]