店舗管理 ECサイト 日本マイクロソフト

Dynamics 365 for Retail:全てのチャネルの商取引を一元管理する小売り向けSaaS

小売り向けSaaS「Dynamics 365 for Retail」は、全てのチャネルの商取引を一元管理する。ECサイトと実店舗とバックオフィスをを統合することで、顧客エンゲージメントをパーソナライズできる。

Dynamics 365 for Retailのポイント

  • 統合型コマースの促進
  • 最新の店頭エクスペリエンスを構築
  • 効果的なマーチャンダイジング管理

Dynamics 365 for Retailの製品解説

 日本マイクロソフトの「Dynamics 365 for Retail」は、ECサイトと実店舗とバックオフィスを統合して、全ての商取引を一元管理するSaaS。顧客エンゲージメントをパーソナライズしながらも従業員の生産性をも向上させる。

編集部おすすめの関連記事

 販売促進、在庫、チャネルの管理機能など、さまざまなビジネスプロセスの運用を包括的に支援する。注文やフルフィルメントを通して店舗で購入、違う場所で受け取る、自宅に配送してもらうなどを選べるようになる。ECサイトや実店舗といったチャネルをまたがったポイントの貯蓄や引き換え、ギフトカードやクーポンが使用できるようになる。

 実店舗では、リアルタイムに顧客や製品、在庫、注文状況などの可視化。ECサイトや実店舗の状況を分析して商品の品揃えを増やしてオススメの商品をより多く提供できるようになる。スケジューリングや時間追跡など実店舗の業務も分析することで効率化を図れる。

 季節や市場の需要などから適切なベンダーから適切な価格で在庫を入手して調達や補充を合理化する。製品のカテゴリや店舗での品揃え、価格を追跡して、適切な商品を適切なチャネルで適切な価格で提供できるように最適化を図る。

 バックオフィスと統合することで、商品の受注から入金管理までのコスト削減や在庫の改善、ビジネスの効率化も狙える。店舗業務では、ワークフローの自動化などで店じまいの作業も迅速化を図る。適切な場所で在庫の適正化を進めて在庫の棚卸しも管理できる。

Dynamics 365 for Retailのまとめ
用途と機能全てのチャネルの商取引を一元管理する小売り向けSaaS
特徴注文やフルフィルメントを通して店舗で購入、違う場所で受け取る、自宅に配送してもらうなどを選べるようになる。実店舗では、リアルタイムに顧客や製品、在庫、注文状況などの可視化。適切なベンダーから適切な価格で在庫を入手して調達や補充を合理化

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan