運用 NEC

WebSAM JobCenter:マウスでジョブフローを作成できるジョブ管理ソフト

ジョブ管理ソフトウェア「WebSAM JobCenter」は、ジョブフローを簡単に作成でき、運用形態にあわせた柔軟なバッチ処理が実行可能。スケジュール機能、実行状況の監視機能も搭載し、障害時にも迅速に対処できる。

WebSAM JobCenterのポイント

  • 部品のドラッグ&ドロップでジョブフローを作成
  • 障害時にも迅速な対応が可能
  • AWSやAzureにも対応、REST APIでSaaSのデータを取得、更新

WebSAM JobCenterの製品解説

 NECの「WebSAM JobCenter」は、定型業務を自動化できるジョブ管理ソフトウェアだ。顧客ごとの運用形態にあわせた柔軟なバッチ処理を実行でき、運用負荷を軽減し、人為ミスを防止する。

編集部おすすめの関連記事

 ジョブフローは、画面上で制御部品をドラッグ&ドロップするだけで定義できる。ジョブ処理の戻り値による分岐部品やオペレーター確認部品、ファイル待ち合わせ部品、カレンダー部品など豊富な制御部品が用意されており、さまざまなパターンのジョブフローに対応する。業務の作り込み工数を削減し、フロー作成や変更の負担を軽減できる。ジョブフローはその場で動作確認しながら作成できるため、設計ミスも防止できる。

 スケジュール機能では、業務にあわせて稼働日と休止日を定義したカレンダーを作成でき、ジョブの実行スケジュールと組み合わせることで、運用に合わせたジョブの実行が可能だ。スケジュールとジョブフローは独立して管理できるため、複数フローに対するスケジュールも一括で変更できる。

 ジョブの実行状況を監視する機能も備える。ジョブフローの予定や実績を一覧表示し、異常個所をアイコンの色の変化で確認できるため、業務の実行状況を容易に把握できる。一覧画面から強制終了、保留、再実行なども操作できるため、障害時にも迅速に対処することが可能だ。

 ジョブ環境を管理する機能も充実しており、ユーザーやグループに対しては、ジョブの参照、作成、実行などの操作権限を詳細に設定でき、企業の運用ポリシーに沿ったジョブ運用を行える。ジョブの実行実績を一括収集してExcelやCSV形式で出力する機能も備える。これにより実行状況を分析でき、ボトルネック改善やマシンのサイジングなどに活用することも可能だ。

 クラウドにも対応している。Amazon Web Services(AWS)やMicrsoft Azureを制御できる。AWSでは電源制御やスナップショット、ファイル転送、アラーム確認を操作。Azureでは電源制御やサイズ変更、ステータス取得に対応する。HTTP接続では、SaaSとREST APIでSaaSのデータを所得、更新できる。

WebSAM JobCenterのまとめ
用途と機能定型業務を自動化できるジョブ管理ソフトウェア
特徴部品のドラッグ&ドロップで簡単にジョブフローを作成。業務にあわせて稼働日と休止日を定義したカレンダーを作成でできる。ジョブフローの予定や実績を一覧表示し、異常個所をアイコンの色の変化で確認
税別価格マネージャ(Windows/Linux): 30万円
サーバ(インストールライセンス Windows/Linux):20万円ほか
導入企業リコージャパン、NTTデータ東海、アークレイなど

「運用」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]