クラウドサービス グループウェア ワークフロー

紙ベースのアナログな会社がデジタル化--3年で売上高を3倍にした不動産会社

「ITが何もないに等しいアナログ」な不動産会社のオープンハウスはペーパーレス化がまったく図られておらず、何でも紙でやっていたという。CIOの田口慶二氏が同社の取り組みを振り返った。

 「入社して3年間、目の前にある業務の効率化を追求してきた。3年間のIT投資額は売り上げの0.2%に過ぎないが、3年間で売り上げが3倍になった。今振り返ってみると、結果的にデジタル変革をやってきた」――。

 3月16日に「ガートナー エンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット2018」のセッションの1つとして、オープンハウスで2017年から最高情報責任者(CIO)を務める田口慶二氏が登壇。「競争を勝ち抜くためのデジタルトランスフォーメーション―オープンハウスの取り組み」と題して講演した。

 オープンハウスは、戸建て住宅を中心に住宅を開発、販売している不動産会社だ。連結従業員数は1522人、2017年9月の売上高は3046億円。同社の強みは、製販が一体化していること。土地を買い、家を建て、販売する。これらは、通常であれば別々の会社に分かれているが、オープンハウスはグループ全体でワンストップで提供する。

 田口氏が同社に入社した2014年の売上高は1121億円。当時の経営上の課題は「ITが何もないに等しいアナログな会社だった」(田口氏)ことだ。ペーパーレス化はまったく図られておらず、何でも紙でやっていた。そこで、中期経営計画にあわせてIT基盤を構築する絵を描いた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2422文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガで綴るシステム運用自動化への道~あの企業はいかにして情シス部門の残業を激減させたのか?
  2. 「顧客の今」がなぜビジネスに貢献するのか - HBR調査で見る「リアルタイムアナリティクス」の効果
  3. リモートワーク許可はすでに4割超え!? 意外な結果から見えてきた、働き方改革で本当に必要なもの
  4. 導入担当SEが語る クラウドシフトで後悔しないために、事前に確認すべきこととは?
  5. モノのサービス化を支える! ブラジルの航空機メーカー、エンブラエルを上昇気流に乗せたSPM

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]