開発ツール

「Raspberry Pi 3 Model B+」レビュー--最新モデルの使用感と各種ベンチマーク

人気の小型コンピュータ「Raspberry Pi」に、新モデル「Raspberry Pi 3 Model B+」が登場した。本記事では、同モデルを実際に使ってみた感想と、各種ベンチマークの結果をお届けする。

 「Raspberry Pi」は、小さいながらも頼もしいコンピュータだ。

 たったの35ドルで買えるこの英国製マシンはちょっとした社会現象になり、2012年に初代Piが発売されて以来、1800万台近い販売台数を記録している。

 英国時間3月14日、これまでで最も高性能なPiである「Raspberry Pi 3 Model B+」が発売された。B+は2016年の「Raspberry Pi 3 Model B」をベースに処理能力とWi-Fi速度を強化したモデルで、ほかにも細かい変更がいくつか施されている。それらの改善点については、以下で詳しく見ていこう。

 B+の第一印象は素晴らしい。発売されてすぐ、Raspberry Pi 3 B+を公式の「Raspbian」OSと組み合わせて使ったときの体験は、Raspberry Pi 3 Model Bの初日の体験より明らかに優れていた。B+の性能強化もその要因の1つだが、Pi 3 Model Bの登場以降、Raspbian OSにさまざまな改善が施されてきたこともその理由だろう。

Raspberry Pi 3 Model B
Raspberry Pi 3 Model B
提供:Raspberry Pi Foundation

 テスト(本レビュー記事の最後に結果を掲載している)では、ベンチマークの成績向上から、USB経由でのデータ転送の高速化まで、処理能力向上の効果があらゆるところに顕著に表れた。Raspberry Piの共同開発者であるEben Upton氏によると、CPUの上にヒートスプレッダが搭載されているため、高負荷が原因でプロセッサのパフォーマンスが下がることは減るはずだという。筆者の確認した範囲では、B+が素晴らしい性能を発揮できなかったのは、無線接続と有線接続の速度を測定するテストだけだった。B+は接続機能のスペックがPi 3 Model Bより優れているにもかかわらず、それらのテストで大きな差を示すことはできなかった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3809文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]