運用 富士通

Systemwalker Software Configuration Manager:サーバOSなどの情報を可視化

構成管理ソフトウェア「Systemwalker Software Configuration Manager」は、オンプレミスで稼働するハードウェアの情報などを一元管理する。サーバへのパッチ適用状況やソフトウェアパラメータの管理などが可能。

Systemwalker Software Configuration Managerのポイント

  • システムの構成情報を自動収集
  • ソフトウェアを自動インストール、パラメータを管理
  • パッチの適用状況を可視化して最新性を維持

Systemwalker Software Configuration Managerの製品解説

 富士通の「Systemwalker Software Configuration Manager」は、オンプレミスで稼働するサーバの情報とパブリッククラウドに配備された動的なリソース情報を一元管理するソフトウェア。サーバへのパッチ適用状況の管理、ソフトウェアインストール、ソフトウェアパラメータの管理などが可能。

編集部おすすめの関連記事

 ハードウェアと仮想環境の構成情報を業務サーバから定期的に自動で収集する。構成管理データベース(CMDB)に登録する。OSやソフトウェアの構成情報やパッチ適用状況を業務サーバなどから収集。ハードウェアからOS、ソフトウェアまでのシステム構成情報を可視化してリソースの変化をタイムリーに把握できるようになる。

 業務サーバに自動でソフトウェアをインストールできる。インストールされているソフトウェアに対してリモートからパラメータを一括設定することも可能。ソフトウェアのパラメータ情報を自動で収集可能。人手による設定や確認のミスを減らすことができる。

 サーバのOSやOSのパッチ情報、ソフトウェアのパッチ情報などの構成情報を一元管理して、OSとソフトウェアのパッチを管理する。パッチ未適用サーバは一覧でアラート表示される。管理者が手作業で管理していたパッチ適用状況やソフトウェアの変更などを自動化できる。

 運用管理者が作成したテナント情報に従って、ソフトウェア構成情報の見える範囲や操作できる範囲をテナント単位に限定できる。誤操作防止やセキュリティリスク低減を展開できる。

 ハードウェアと仮想環境に限定した構成管理が可能な「Express」も提供されている。

Systemwalker Software Configuration Managerのまとめ
用途と機能オンプレミスで稼働するサーバの情報とパブリッククラウドに配備された動的なリソース情報を一元管理
特徴ハードウェアと仮想環境の構成情報を業務サーバから定期的に自動で収集。サーバのOSやOSのパッチ情報、ソフトウェアのパッチ情報などの構成情報を一元管理。業務サーバに自動でソフトウェアをインストール可能。
税別価格プロセッサライセンス:11万8200円~
Expressプロセッサライセンス:5万9100円~

「運用」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]