運用 日立製作所

JP1/Operations Analytics:IT基盤の構成情報を自動収集して運用を改善

運用支援ソフトウェア「JP1/Operations Analytics」は、IT基盤の構成情報を自動収集して関連づけて可視化できる。仮想環境やクラウドの利用によって集約されたIT基盤の運用作業を改善し、効率向上を支援する。

JP1/Operations Analyticsのポイント

  • IT基盤の構成や関連性を容易に把握
  • 障害発生時に的確な初動対応が可能
  • 障害からの復旧時間を大幅に短縮

JP1/Operations Analyticsの製品解説

 日立製作所の「JP1/Operations Analytics」は、各業務システムで利用しているアプリケーションやサーバ、スイッチ、ストレージなどのIT基盤の構成情報を自動収集して関連づけて可視化。システムの稼働状況の報告やリソースの配置変更の検討に役立つ情報をまとめたレポートの作成を支援する。

編集部おすすめの関連記事

 アプリケーションやサーバ、スイッチ、ストレージといった仮想環境やパブリッククラウドで複雑化するIT基盤の構成情報を自動で収集する。収集した情報から各構成要素の接続関係を分析し、関連付けて可視化する。管理者は業務システムとハードウェアの関連性に加えてアプリケーションの動作ホストやアプリケーション間の関連性も含めたシステム全体の構成情報を把握できる。

 業務システムの重要度別にエラーの発生有無、サーバやストレージで発生している警告の数や内容、システムリソースの状態、イベントの発生傾向などシステム全体の稼働状況を俯瞰できる。業務システムからの視点で顕在化している障害の発生状況を把握できることから、障害対応の優先順位や緊急度を判断できる。

 障害や警告が発生している箇所には問題の発生を示すアイコンが表示される。問題が発生している箇所を選択すると、接続しているサーバなどがハイライトで表示されるため、ほかの問題発生箇所との関連性を把握できる。

 障害が発生している複数の仮想マシンで共有リソースの競合が発生していると疑われる場合、その共有リソースを選択して該当する仮想マシンがハイライトで表示されれば、その共有リソースがボトルネックと判断できる。

 アプリケーションも可視化できることでジョブの実行遅延やデータベースのキャッシュ不足、サーバのI/O多発など複数のイベントが発生した場合、イベントが関連する事象なのかどうかを確認可能。ボトルネックと考えられるリソースを使用している業務システムやサーバなどを一覧で表示できる。障害がまだ顕在化していない、これから障害になり得る業務システムも把握できる。

 障害発生時には、業務システムへの影響やアプリケーションとリソースで発生している事象の因果関係など、障害要因の特定に必要な情報をわかりやすく表示。復旧対処の候補と、それぞれの対処後の影響内容が表示されるので、最適な対処を検討することができる。

 ボトルネックと考えられるリソースの稼働性能データと障害が発生しているリソースの稼働性能データを並べて、推移や傾向を比較しながら相関性があるかどうかを検証できる。ボトルネックと判断したリソースの稼働性能データとボトルネックのリソースに影響を与えたと考えられるリソースを自動で表示。ボトルネックを引き起こした要因が何かを追究できる。

 ボトルネックとなっているリソースの稼働状況や問題発生日時、対処後の性能目標値をもとにボトルネックを解消するための対処方法の選択肢を提示する。各対処方法の確実度と対処した際の影響内容も提示されることで、どの方法をとるべきか判断する材料にすることができる。

JP1/Operations Analyticsのまとめ
用途と機能IT基盤の構成情報を自動収集して関連づけて可視化
特徴業務システムとハードウェアの関連性に加えてアプリケーションの動作ホストやアプリケーション間の関連性も含めたシステム全体の構成情報を把握。警告の数や内容、システムリソースの状態、イベントの発生傾向などシステム全体の稼働状況を俯瞰。リソースの稼働状況や問題発生日時、対処後の性能目標値をもとにボトルネックを解消するための対処方法の選択肢を提示
税別価格36万円(ライセンス数10)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]