コミュニケーション

Slack離れ?--今こそ考えたい“コミュニケーション”でのITツールの使い方

働き方を改革する上で有効とされるIT。場所や時間の制約の垣根を低くするからだ。だが、その一方で逆効果になり得るかもしれない。コミュニケーションする上でのITツールの使い方が議論された。

 “働き方改革”で不可欠となるのが、テクノロジの利活用。テクノロジは労働生産性を高めるだけでなく、働く場所や時間の制約の垣根を低くする。だが、その一方で、逆効果となる場合もある。

 2月15日に開催された、一般社団法人at Will Work主催のイベント「働き方を考えるカンファレンス2018 働くを定義∞する」では、ネットイヤーグループ代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)の石黒不二代氏をはじめ、一般社団法人WorkAnywhere代表理事の川口良氏、マルケトのソリューションコンサルタントの石野真吾氏が“人×テクノロジ”をテーマにテクノロジとの向き合い方が語られた。

 「マーケティングはいろんな会社の業務で大切になってくる」と語る石黒氏。しかし、マーケティングの世界にデジタルが根付いてくると、逆に面倒になってくると指摘し、その理由を次のように説明する。

 「1つの情報をたくさんの人に届ければよいマスマーケティングの時代は、1つの情報を作ればいいのでコマーシャルを作ればよく、少人数でできる。それがデジタルマーケティングになると、100人100通りという風になって、100人分作らなければならない」

 石野氏が務めるマルケトは、メール、ウェブ、SNSなどデジタルからアナログまであらゆる顧客接点をカバーするマーケティングオートメーション(MA)ツール「Marketo」を提供する。導入企業は世界39カ国6000社以上いう。石野氏も「マーケティングの分野は、もはやツール使わないと仕事にならない」と話す。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1378文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  2. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  3. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 標的型攻撃に侵入されている組織は「4社に1社」─衝撃の事実に企業はどう立ち向かうべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]