AI・機械学習

AIが実際に効果を発揮するかもしれない5つの分野

人工知能(AI)はマーケティング用語として使われている、と嘲笑されることが多くなったが、ここでは、AIが実際に効果を発揮するかもしれない5つの分野を紹介する。

 人工知能(AI)はマーケティング用語として使われている、と嘲笑されることが多くなった。しかし、AIはいくつかの本当に便利なツールを作り出すのにも使われている。そこで、本記事では、AIという用語のそれほど役に立たない使用法のいくつかを撃退するため、AIが実際に効果を発揮するかもしれない5つの分野を紹介する。

1. 農業

 FarmLogsは天候や土壌状態、過去の衛星画像を追跡する複雑なデータ分析の一例である。どのような作物の生長が予想されるのか、どうすれば収穫量を最大化できるのか、といったことを農家が判断するのに役立つ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約797文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan