運用管理 日本マイクロソフト

System Center 2016:環境全体、プラットフォーム全体でのIT管理を支援

運用管理ソフトウェア「System Center 2016」は、環境全体、プラットフォーム全体でのIT管理を支援する。オンプレミスやデータセンターの環境とともにパブリッククラウドも包括的に担う。

System Center 2016のポイント

  • インフラストラクチャをプロビジョニング
  • 自動化とセルフサービス
  • インフラストラクチャとワークロードを監視

System Center 2016の製品解説

 日本マイクロソフトの「System Center 2016」は、オンプレミスやデータセンターの環境とともにパブリッククラウドも包括的に担う運用管理ソフトウェア。物理サーバ管理向けのStandardと仮想サーバ管理向けのDatacenterの2つのエディションがある。

編集部おすすめの関連記事

 マルウェア対策の「Endpoint Protection」、構成管理や更新管理を担う「Configuration Manager」、稼働状況を監視しログを収集する「Operations Manager」、バックアップとリストアを担う「Data Protection Manager」、ITプロセスを自動化させるための「Orchestrator」、ITサービスを管理する「Service Manager」、仮想環境を一元管理する「Virtual Machine Manager」――のコンポーネントで構成される。2つのエディションは全てのコンポーネントが含まれる。

 Configuration Managerは、企業全体の更新プログラムを管理、配信を制御する。クライアントやサーバのデバイスドライバやシステムBIOSなどの更新プログラムを管理する。WindowsクライアントだけでなくiOSやAndroidなどのモバイルデバイスも単一の画面で管理できる。Configuration Managerを基盤にしてEndpoint Protectionが稼働する。

 Operations Managerは、サーバやクライアント、サービス、アプリケーションなどを監視。監視対象の状態や性能、可用性を見ながら、障害が起きた際の原因究明にも活用できる。Orchestratorは運用管理のさまざまなタスクを“ランブック”として定義して作業を自動化可能。

 Service ManagerはITサービス管理のベストプラクティスである「ITIL」などから得たITサービス管理の統合基盤。構成管理データベース(CMDB)を中心にインシデント管理や問題管理などの機能を利用できる。Virtual Machine Managerは、Hyper-VやvSphereなどに対応。サーバだけでなく、ストレージやネットワーク、アプリケーションなどのリソースを統合的に管理する。

 パブリッククラウド「Micrsoft Azure」のIaaSや「Windows Server 2016」のアプリケーション用実行基盤である「Nano Server」も管理する。

System Center 2016のまとめ
オンプレミスやデータセンターの環境とともにパブリッククラウドも包括的に担う運用管理ソフトウェア
特徴パブリッククラウド「Micrsoft Azure」のIaaSや「Windows Server 2016」のアプリケーション用実行基盤である「Nano Server」も管理する。

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]