ERP 日本マイクロソフト

Dynamics 365 for Finance and Operations:オンプレでも対応するSaaS型ERP

SaaS型ERP「Dynamics 365 for Finance and Operations」は、オンプレミスでの利用も可能。販売や購買、会計、サプライチェーン、生産管理といったERPとしての基本機能に加えてプロジェクト会計なども搭載している。

Dynamics 365 for Finance and Operationsのポイント

  • スマートな意思決定を下す
  • ビジネスを変革する
  • 企業のペースでシステムも成長

Dynamics 365 for Finance and Operationsの製品解説

 日本マイクロソフトの「Dynamics 365 for Finance and Operations」(旧Dynamics AX)はSaaS型統合基幹業務システム(ERP)。オンプレミスでの利用も可能。販売や購買、会計、サプライチェーン、生産管理を搭載。加えてプロジェクト会計や流通小売業向け機能も搭載している。

編集部おすすめの関連記事

 財務と業務を統合することで組織を可視化し、データ重視の意思決定のためにリアルタイムの予測能力を提供。俊敏性、簡素化、継続的なイノベーションをもたらすことで、業務を中断することなく、競合他社に対する優位性を維持する。

 従来のシステムをクラウドに統合して既存の投資を最大限に活用しながら、柔軟でスケーラブルなグローバル ソリューションで、変化し続けるビジネス ニーズに対応することが可能となる。

Dynamics 365 for Finance and Operationsのまとめ
用途と機能オンプレミスでも利用できるSaaS型ERP
特徴最新のインテリジェントなエンタープライズビジネスアプリケーションを使用して財務と業務を最適化する

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]