人事・労務

“働き方の多様性”は手段--目的化すると現場の共感得られず、破綻する

働き方の多様性が求められている――。こうした風潮に対して「新しいことをして変わっていくために結果的に多様化されるのであって、目的化するとうまくいかない」という議論が交わされた。

 社会やライフスタイルが変化する昨今、企業などの組織でも働き方への多様性が求められている。

 しかし、2月15日に行われた、一般社団法人at Will Work主催のイベント「働き方を考えるカンファレンス2018 働くを定義∞する」において、「そもそも働き方の多様化は必要なのか?」という問いが投げかけられた。

 問題を提起したのは、富士通でデザイン思考をベースに人材育成や組織デザイン、コミュニティー作りなどを担う“デザインシンカー”を務め、一般社団法人INTO THE FABRICの代表理事も務める高嶋大介氏。介護情報や医療情報などをウェブで提供するメドレーの執行役員である加藤恭輔氏も登壇し、「働き方の多様化を支える文化」をテーマに議論が交わされた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1122文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan