RDBMS NoSQL DWH ETL ガートナージャパン

ITリーダーなら理解しておきたい“データ活用”10のトレンド

ビッグデータ以降、データ活用にはさまざまな技術が登場するとともに、活用するためのスキルや仕組みもさまざまなものが立ち上がっている。ガートナーが提言する“データ活用”の10のトレンドを見てみる。

 ガートナー ジャパンは3月15~16日にデジタルトランスフォーメーションを実現するための鍵となるアプリケーション戦略を多様な角度から披露するイベント「エンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット2018」を開催。「ビジネスに貢献するデータ活用のために、理解しておきたい10のトレンド」で題されたセッションで最高情報責任者(CIO)やITリーダーが理解しておくべきデータ活用のトレンドを同社主席アナリストの一志達也氏が解説した。一志氏が掲げた10のトレンドは以下の通り。

  • マルチモデルDBMS
  • ブロックチェーン
  • クラウドオブジェクトストアへのSQL
  • Hadoopの進化と変化
  • In-DBMSアナリティクス
  • HTAP
  • 自然言語クエリ
  • シチズンデータサイエンス
  • オープンデータ/データ取引市場
  • アルゴリズムビジネス

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4957文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan