アクセス管理 SSO NEC

WebSAM SECUREMASTER:IDやアクセスを統合管理--クラウドのSSOにも対応

ID情報や認証情報の統合管理ソフトウェア群「WebSAM SECUREMASTER」は、オンプレミスに加えてパブリッククラウドでもSSOが可能になる。

WebSAM SECUREMASTERのポイント

  • 統合認証基盤構築に必要な製品をそろえたスイート製品
  • 業務システムと柔軟に連携可能
  • カスタマイズ、障害対応にも迅速かつ柔軟にサポート

WebSAM SECUREMASTERの製品解説

 NECの「WebSAM SECUREMASTER」は、オンプレミスやパブリッククラウドのID情報や認証情報を統合管理してシングルサインオン(SSO)を実現するソフトウェア群。ディレクトリからID管理、アクセス管理、SSOまで、統合認証基盤構築に必要な製品を揃っており、それぞれで共通的なインターフェースを提供。GUIによる連携先システムの追加やアクセス制御ポリシー設定、顧客固有の要件に対するAPIや開発言語による拡張など、種々の業務システムと柔軟に連携することができる。

編集部おすすめの関連記事

 ID情報を統合管理する「EnterpriseIdentityManager(EIM)」、Active DirectoryやほかのLDAPサーバとパスワードなどを同期させる「EnterpriseDirectoryServer(EDS)」、統合アクセス管理の「EnterpriseAccessManager(EAM)」、ウェブ型システムのフロントエンドでリバースプロクシサーバとしてSSOとアクセスを認証する「AccessControlServer(ACS)」、サーバエージェント型SSOの「AccessControlPlugIn(ACPI)」、SAML 2.0やOpenIDでSSOが可能な「フェデレーション(Fed)」などがラインアップされている。

 EIMは、人事システムから統合ID管理システムにユーザー情報の登録、システム管理者による新規ユーザー登録、パスワードポリシーの設定、統合ID管理システムから各システムへのプロビジョニングを担う。EDSは標準規格であるLDAP(Lightweight Directory Access Protocol) Version 3に対応するディレクトリサーバソフト。EAMは、SSOやACPIなどの認証サーバ機能と管理対象システムを登録してアクセスルール情報を定義する。

 ACSは、クライアントからのリクエストは必ずリバースプロクシサーバを経由することで集中的に統合管理可能、SSO対象ウェブサーバにプラグインなどの特別なソフトは不要。ACPIは、分散配置されたウェブシステムに対応。SSO対象ウェブサーバにプラグインが必要になる。

 FedはSAML 2.0やOpenIDといった標準仕様に基づいて認証連携が可能になり、Google AppsやSalesforceなどのパブリッククラウドサービスのユーザー管理もオンプレミスのシステムと同様に一元管理できる。

SECUREMASTERの製品体系(出典:NEC)
SECUREMASTERの製品体系(出典:NEC)
WebSAM SECUREMASTERのまとめ
用途と機能ID情報や認証情報を統合管理
特徴GUIによる連携先システムの追加やアクセス制御ポリシー設定、顧客固有の要件に対するAPIや開発言語による拡張など、種々の業務システムと柔軟に連携
税別価格 EIM:ベースライセンス=50万円、ユーザーライセンス(500~):100万円~
EDS:ベースライライセンス=5万円、ユーザーライセンス(500~):32万5000円~
EAM:ベースライセンス=40万円、ユーザーライセンス(500~):80万円~
ACPI:115万円、ACS:120万円、Fed:250万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan