資産管理 クライアントセキュリティ 富士通

Systemwalker Desktop Patrol:IT資産とセキュリティを一元化する資産管理ソフト

資産管理ソフトウェア「Systemwalker Desktop Patrol」は、スマートデバイスを含めたIT資産全体をセキュリティと資産管理の両面から一元管理する。セキュリティポリシーに基いてPCやスマートデバイスを監査する。

Systemwalker Desktop Patrolのポイント

  • スマートデバイスを含めたIT資産全体を一元管理
  • 資産情報の収集のほか、セキュリティや省電力も監査
  • 多彩なレポート機能でIT資産全体を把握

Systemwalker Desktop Patrolの製品解説

 富士通の「Systemwalker Desktop Patrol」は、IT資産全体をセキュリティと資産管理の両面から一元管理するソフトウェアだ。多言語環境のPCやスマートデバイスなどの機器を全社でのセキュリティ統制に基づき1台のサーバで管理する。

編集部おすすめの関連記事

 インベントリ情報は、PC、スマートデバイスともに自動収集が可能で、資産構成情報のデータベースが構築される。ネットワークに接続されない機器については、外部メディアを介して収集する。

 メール送信機能付きインベントリ収集ソフトを外部メディアや共有ファイルから起動することも可能で、インベントリ情報を自動的にメールの添付ファイルとしてCSに送信することも可能だ。

 スマートデバイスの場合は、情報収集によって情報漏洩につながる不適切なソフトウェアを把握する。Androidデバイスについては個人情報に配慮した資産管理を行うことで、個人端末の業務利用にも対応する。

 セキュリティに関しては、管理者が決定したポリシーに基いてPCやスマートデバイスを監査でき、問題があるPCにはその状況を継続表示したり、ユーザーIDを管理者にメールで通知したりする機能を備える。

 PCのセキュリティでは、ウイルス対策ソフトのアンインストールや使用禁止ソフトを検知できる。BIOSパスワードの設定状況やOSのセキュリティ設定状況などを収集、監査して違反状況を把握できる。

 Windowsのセキュリティパッチやウイルス対策ソフトのパターンファイルの適用状況を調査して、未適用のPCやユーザーIDが管理者にメールで通知される。Windowsのセキュリティパッチを自動適用することも可能だ。同様にPCの省電力設定も監査し、改善を促す警告画面を表示させることもできる。

 稼働している資産の状況レポートのほか、リース・レンタル機器の状況を示す契約状況レポート、部門ごとや機器ごとの棚卸の完了状況を示す棚卸状況レポート、ソフトウェアのライセンス使用状況レポートなどを出力することが可能だ。消費電力量の監査レポートや省電力設定監査レポートなども出力でき、電気代とCO2排出量の削減効果を全社、または部門単位で把握できる。

Systemwalker Desktop Patrolのまとめ
用途と機能IT資産全体をセキュリティと資産管理の両面から一元化するソフトウェア
特徴PC、スマートデバイスともに自動収集が可能で、資産構成情報のデータベースを構築。管理者が決定したポリシーに基いてPCやスマートデバイスを監査。リース・レンタル機器の状況を示す契約状況レポート、部門ごとや機器ごとの棚卸の完了状況を示す棚卸状況レポート、ソフトウェアのライセンス使用状況レポートなどを出力
税別価格Windowsサーバライセンス:29万5700円~
Windowsクライアントライセンス:1万900円~
Android/iOSクライアントライセンス:2500円~

「資産管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]