OS・ミドルウェア

「macOS」でファイルに注釈を付けるには--意外と便利な「Preview」の使い方

「macOS」上でテキストのハイライト、署名の追加、画像やPDFへのマークアップといった作業が必要になった場合、同OSの「Preview」(プレビュー)を使ってみよう。

 テキストのハイライト、署名の追加、コメントの付加、画像やPDFへのマークアップなどの作業が必要になることはよくあるが、多くの「Mac」ユーザーはその実行方法をよく分かっていない。ありがたいことに、Appleは「macOS」の「Preview」(プレビュー)プログラム内に注釈機能を追加して、そのプロセスを簡素化してくれた。

 注釈とマークアップのオプションを多数提供するmacOSのPreviewは、その難しい作業を処理する能力を備えている。この標準アプリケーションは、多くの注釈機能を備えるにもかかわらず使いやすく、習得するのも容易だ。

 macOS内でファイルに注釈を付けるには、Previewを使って、対象のファイルを開く。ファイルを開いたら、メニューバーの「Tools」(ツール)をクリックして、「Annotate」(注釈)をクリックし、「Text」(テキスト)を選択する。「Text」(テキスト)という単語を含む小さなテキストボックスが表示される。テキストボックスの縁には、青いハンドルが表示される。テキストを追加したい正確な位置にボックスを移動して、テキストを必要に応じて編集し、テキストボックスのサイズを調節する。テキストボックスの外側をクリックすると、追加したテキストが確定される。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1769文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan