人事・労務 経費精算・旅費精算 コンカー

要は時間の使い方--バックオフィス向けITから見えてくる働き方改革の今

「ITを使って(仕事を)減らす取り組みは不可欠。時短から“どういう風に時間を使うか?”という方向に流れてきている」――。バックオフィス業務向けにITを提供する2社が働き方改革の現状や向き合い方を語り合った。

 “働き方改革”を考える上で欠かせないのがITの存在だ。日常業務にITをいかにして取り入れて生産性を向上し、働き方を変えていくか。

 2月15日に開催された、一般社団法人at Will Work主催のイベント「働き方を考えるカンファレンス2018 働くを定義∞する」では、“人× テクノロジ”をテーマに、バックオフィス業務向けにITを提供している2社の代表取締役が現状や向き合い方を語り合った。

 出席者の1人である三村真宗氏は、コンカー代表取締役社長を務める。同社は主に経費精算や出張費管理などをクラウドで自動化するプラットフォームを提供している。

 そしてもう1人の宮田昇始氏はSmartHRの代表取締役最高経営責任者(CEO)。同社が提供する「SmartHR」は、社会保険などの申請手続きや、給与明細、年末調整といった人事のペーパー業務をなくすためのツール。紙によるこうした煩雑な業務を3分の1まで削減でき、その余剰時間で人事担当者が従業員の働き方改革に着手ができると、好評を博しているという。

 領域は異なるものの、2社ともにバックオフィス業務をITで効率化しようとしている企業である。ITと生産性についてそれぞれ次のように話した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1427文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]