セキュリティ クラウドサービス

「G Suite」の新セキュリティ機能--フィッシングやモバイル脅威への対応強化

グーグルは「Google Cloud」向けのセキュリティに関する多数の新機能を発表した。企業における「G Suite」のセキュリティを強化する複数のアップデートが含まれるという。

 Googleは米国時間3月21日、「Google Cloud」向けのセキュリティに関する多数の新機能を発表した。企業における「G Suite」のセキュリティを強化する複数のアップデートが含まれるという。Googleがブログ投稿で明らかにした

 G Suiteのセキュリティ、トラスト、プライバシー担当ディレクターを務めるSuzanne Frey氏は、同ブログ投稿で、「われわれは本日、Google Cloud向けに20種類以上のアップデートを発表した。これらは、Google Cloudユーザーが自社のセキュリティ環境に対する制御を拡大、深化できるようにするものだ」と述べている。「G Suiteでは、これらの機能の多くがデフォルトでオンに設定される。したがって、組織にふさわしい保護機能が確実に使えるようになる。さらに都合がよいことに、ほとんどの場合、社内ユーザーは何もする必要がない」(Frey氏)

 さらなるセキュリティ機能や洞察が加わったことで、G Suite管理者は、セキュリティリスクの効率的な把握や対処が容易になり、同プラットフォームがより魅力的な企業向けオプションになる可能性がある。

 G Suiteに加わった新たなセキュリティ機能は、次4つのカテゴリに分かれる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1747文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  2. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  3. なぜ貴社にはまだオンプレミスが残っているのか?ビジネス全体をクラウドへ安全に移行するための7つのカギ
  4. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  5. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]