資産管理 NEC

WebSAM AssetSuite:共用什器なども一元管理する資産管理ソフト

資産管理ソフトウェア「WebSAM AssetSuite」はハードやソフトといったIT資産のほか、共用什器も含めて一元管理する。さまざまなインベントリ収集方法から環境に合わせて選択できる。

WebSAM AssetSuiteのポイント

  • IT資産、共用什器など多量の資産情報を統合管理
  • 環境に応じてインベントリ収集方法を選択可能
  • 資産情報をセキュリティ対策に活用可能

WebSAM AssetSuiteの製品解説

 NECの「WebSAM AssetSuite」は、IT資産のほか共有で使用する什器を含め、企業のあらゆる資産情報を一元管理する資産管理ソフトウェア。Windows、HP-UX、Linuxなどの主要OSに対応する。

編集部おすすめの関連記事

 資産情報の収集は、エージェントをインストールしたPC、サーバから定期的にハードウェアやソフトウェアの構成情報を自動収取するオンラインスキャンのほか、ネットワークに接続していない機器からUSBメモリで収集するオフラインスキャンに対応する。エージェントをインストールしていないPCやサーバからはウェブブラウザ経由でハードウェアやソフトウェアの構成情報を収集できる。

 プローブを導入したPCやサーバ経由で対象のPCやサーバ、ネットワーク機器の情報を自動収集するリモートスキャンにも対応する。Windows以外にもLinuxやUNIX、SNMPに対応するネットワーク機器からも情報を収集できる。既存ツールやExcelなどでの台帳で管理している情報もインポートできる。

 収集した資産情報は、人や場所、ライセンス、契約情報などを関連付けてデータベースで一元管理できる。資産情報の表示はシンプルな画面で、部署ごとやビルの階ごとなど、用途に応じてグループ分けして参照できるほか、大企業にも柔軟に対応できる階層表示も可能だ。

 またデータセンター事業者向けとして、会社単位で管理情報を分離する機能も備える。管理台帳の項目やエージェントレス収集項目は、利用形態に応じて柔軟にカスタマイズ可能で、これらの項目を検索に利用することもできる。

 検索や監視条件と連動してメール通知を利用できる。資産移動やリース/レンタル終了、ソフトウェアライセンス数の不足、不正ソフトウェアの利用などをメールで通知する。

 ハードウェア本体に加えて、使用しているCPUやハードディスクなどの構成品、キーボードやマウス、USBメモリなどの共用品も棚卸しできる。棚卸期限前後に棚卸未実行検索をスケジューリングして、未実行資産検出時にメール通知を設定することで能動的に棚卸漏れを防止するといった運用が可能になる。CSV形式で出力した棚卸結果や棚卸簡易帳票を活用して報告書を作成できる。

 ソフトウェアのライセンス管理機能を持つほか、市販パッケージソフト、独自アプリケーション、セキュリティパッチなどの一括配布も可能となっており、セキュリティ対策にも活用できる。また、同社の「InfoCage セキュリティリスク管理」との連携により、資産のセキュリティ対策状況を可視化することも可能だ。

WebSAM AssetSuiteのまとめ
用途と機能IT資産のほか、共用什器なども含めた企業のあらゆる資産情報を一元管理できる資産管理ソフトウェア
特徴IT資産、共用什器などあらゆる資産情報を一元管理できる。インベントリ収集は、エージェント導入による自動収集、オフライン機器の収集など環境に応じた方法を選択可能。資産情報をセキュリティ対策にも活用可能
希望小売価格備考
メディアキット+マネージャ15万円マネージャ(Windows)
エージェントライセンス4000円~Windows/Linux
エージェントライセンス for UNIX1万6000円~HP-UX/Solaris
インポートライセンス8万5000円~100~
クラスタオプション15万円
デリバリオプション1500円~Windows/Linux
デリバリオプション for UNIX6000円~HP/UX/Solaris
ストレージ管理オプション5万円
ソフトウェアマッピングオプション5万円

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]